小石川後楽園と共に、今東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園で、池を中心とした庭園の区画や石の配置は、非常に優れています。
 明暦(1655~1658年)の頃に海面を埋め立てた土地を、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。
 忠朝は屋敷を建てるにあたり、藩地の小田原から庭師を呼び庭園を造ったと言われています。庭園は「楽壽園」と呼ばれていました。

出典概要|旧芝離宮恩賜庭園|東京都公園協会

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

のんびりデートに、行楽に使える都内、神奈川にある日本庭園まとめ

都立庭園や神奈川の庭園を中心にまとめています。

このまとめを見る