1. まとめトップ

【国際法】戦争の正しいルール【実践編】

戦争(せんそう、英: War)とは、国家もしくはそれに準ずる組織が軍事力・武力を行使し、作戦・戦闘を組織的に遂行する行為および状態である。つまり、軍事力・武力を使用する外交の一種である。引用;wiki

更新日: 2012年12月21日

原告Aさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
46 お気に入り 132719 view
お気に入り追加

「宣戦布告」無用!

現在の戦時国際法は武力紛争の存在を適用開始の要件としており、宣戦布告の有無や戦争状態の認定を問わない。

出典;wiki

1.国家の自衛の場合(同51条)。
2.安全保障理事会において認定された「国際社会の平和と秩序への脅威」に対する強制行動(第七章)
3.地域的取極や地域的安全保障枠組みにおける強制行動(第八章)。
出典;wiki

法理的な矛盾が発生するが、戦闘における非人道的な行為の被害を最小化するためにもこれは国際的に受け入れられている。

出典;wiki

戦時国際法の原則

さまざまな軍事作戦の遂行に不可欠な行動などを正当化する原則。
出典;wiki

最小限の人命損失、不要な破壊、文民に対する攻撃、過剰な苦痛などの軍事作戦にとって不適切な行動を禁止する原則
出典;wiki

陸戦のルール

攻撃目標は敵の戦闘員 (Combatants) か軍事目標 (military objectives) に定められる。戦闘員とは紛争当事国の軍隊を構成している兵員であり、陸戦法規における軍事目標とは野戦陣地、軍事基地、兵器、軍需物資などの物的目標である。
出典;wiki

攻撃実行においては主に3つの規則が存在する。第1に軍人と文民、軍事目標と民用物を区別せずに行う無差別攻撃の禁止を定めている。

出典;wiki

海戦のルール

軍事目標として識別される敵国の船舶はまず海軍に所属した軍艦と補助船舶であり、これに対しては攻撃または拿捕することが可能である。また商船も直接攻撃や機雷敷設などの敵国の戦争行為に従事している、または敵軍の補助を行っているならば軍事目標である。また軍事物資の輸送作戦の従事などの戦争遂行努力 (War effort) に組み込まれた敵国商船も軍事目標となる。出典;wiki

敵国の船舶であっても、病院船や沿岸救助用小型艇、などの非軍事的な任務を担う船舶は特別の保護を受けているために攻撃・拿捕が免除されている。

出典;wiki

空戦のルール

軍用機は全方位から視認できる軍用の外部表式と単一の国籍を有し、軍人が操縦する航空機であり、これだけに交戦権の行使が容認される。出典;wiki

ワシントン軍縮会議で設置された戦時法規改正委員会において日本、イギリス、オランダ、アメリカ、フランス、イタリアが1923年に署名した報告書で規則が定められたが、現在条約として存在しない。

しかし、慣習法としてしばしば引用される場合がある。
出典;wiki

禁止行為

赤十字旗などを揚げながらの軍事行動、休戦旗を揚げながら裏切る行為、遭難信号を不正に発信する行為などが挙げられる。
出典;wiki

非戦闘員の保護

非戦闘員とは降伏者、捕獲者、負傷者、病者、難船者、衛生要員、宗教要員、文民であり、これを攻撃することは禁止されている。非戦闘員は保護対象であり、これを無視して危害を加えることは戦争犯罪である。出典;wiki

捕虜が質問に対して回答しなければならない事項は自らの氏名、階級、生年月日、認識番号のみである。

1949年のジュネーブ諸条約と1977年のジュネーブ条約追加議定書ⅠとⅡ
出典;wiki

国際法違反の罰則

交戦国は敵軍構成員または文民の戦争犯罪を処罰することが出来る。
また国家は自国の軍隊構成員と文民の戦争犯罪を処罰する義務を負う。戦争犯罪人には死刑を処すことが出来るが、刑罰の程度は国内法によって定められる。
特に重大な戦争犯罪として考えられるものとしては、非戦闘員への殺害・拷問・非人道的処遇、文民を人質にすること、軍事的必要性を超える無差別な破壊・殺戮など様々に考えられる。出典;wiki

戦争犯罪 (War crimes) とは、軍隊構成員や文民による戦時国際法に違反した行為であり、かつその行為を処罰可能なものを言う。

1998年には、戦争犯罪等を裁く常設裁判所として国際刑事裁判所規程が国連の外交会議で採択された。
出典;wiki

中立

①回避の義務 中立国は直接、間接を問わず交戦当事国に援助を行わない義務を負う。
②防止の義務 中立国は自国の領域を交戦国に利用させない義務を負う。
③黙認の義務 中立国は交戦国が行う戦争遂行の過程において、ある一定の範囲で不利益を被っても黙認する義務がある。この点について外交的保護権を行使することはできない。
出典;wiki

交戦当事国とそれ以外の第三国との関係を規律する国際法である。中立国は戦争に参加してはならず、また交戦当事国のいずれにも援助を行ってはならず、平等に接しなければならない義務を負う。

出典;wiki

1





原告Aさん

いっしょうけんめいまとめております。