1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

・おじさんが 憲兵 であったこと。
・通名が 永野鉄夫 だったこと。
・学生時代に本名宣言したこと。
・指紋押捺に反対したこと。
・外国籍に対する就職差別があり、就職できなかったこと。

私のアボジ(父)の生きた時代と結構ダブる。
アボジも就職差別にあったらしい。だけど今は違うと私が会社員であることを
よろこんでいるようだ。私には少し理解できない部分もあるが・・・。

最後に姜尚中氏の絞めの言葉を聞いただろうか。韓国の学生たちの一番好きな
国は日本だという。黒柳さんは恨まれていると思っていましたと言っていたが、
あのぐらいの年代ではそれが普通かもしれない。でも今は違う。今日本では韓流が姜尚中

実はあの本は、姜尚中さんの息子さんが精神的な病に苦しんでいで、その息子に対して書いたのだと、先ほどテレ朝の『徹子の部屋』に出演していた本人が語っていた。しかし息子は26歳のときに亡くなってしまったらしい…。おれも今年で26歳…

オンエア中のテレ朝・徹子の部屋は姜尚中氏がゲスト。僕は姜氏に対して個人的な思いは何もないが、しかし自殺した息子のことをここまで語ったり自分の小説の一つの題材にしたりする神経は到底理解できないなと。自殺した青年の苦悩やら動機やらは、実の親でも本当のところはわからないと思うのだ。

姜尚中さん。徹子の部屋出演。あああー言葉で表せないくらい素敵な魅力的な人だ。自分のことを家族のことを話す姿。 そしてしゃべり方も声も…

株式投資などはしていないけど、僕も現在61歳。老後の経済的なことに不安がないわけではない。住宅ローンもまだ残っているから、保険にはいくつか入っています。
 大学の教員は「先生、先生」って呼ばれて社会的ステータスだけは高いけど、収入は決して高くない。年金もそんなにもらえないだろうから、おカネはもちろんあった方がいい。僕だって本が売れておカネが入ればうれしいです。
■おカネで悩まない秘訣は…

1