1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

JUNTAさん

現職大統領

エマニュエル・マニー・モリ(Immanuel "Manny" Mori、1948年12月25日 - )は、ミクロネシア連邦の第7代大統領(現職)。2007年5月11日にミクロネシア議会により選出され、同日就任した。学歴はグアム大学卒業。学位は経営管理学士。

先祖は豊臣秀吉古参の臣で黄母衣七騎衆の一人であった森勝信(毛利勝信)と言う戦国武将。

ケーサイ・ノート(Kessai H. Note、1950年8月7日 - )は、マーシャル諸島共和国の第3代大統領。日系3世。2000年1月10日に大統領に就任した。

所属政党は統一民主党。2004年1月には議会において20票を獲得し再選を果たした。

初代大統領

アマタ・カブア(Amata Kabua、1928年 - 1996年12月20日)は、の初代大統領。1979年から1996年まで5期連続で務めた。長い闘病生活の末、大統領在任中にハワイで亡くなった。後任のイマタ・カブア大統領はいとこ。日系人である。

トシオ・ナカヤマ(Tosiwo Nakayama、中山 利雄[1]、1931年11月23日 - 2007年3月29日)は、ミクロネシア連邦初代大統領。日系人。

日本人の父と酋長の娘マルガレッタとの間に生まれた。[1] 1979年アメリカ合衆国の国連信託統治領であったミクロネシアが独立した際、初代大統領に選出され、1987年まで2期8年務めた。

ハルオ・レメリク(Haruo Ignacio Remeliik、1933年6月1日 - 1985年6月30日)はパラオ共和国の政治家。1981年3月2日から1985年6月30日までパラオ共和国初代大統領を務めた。日系人である。

歴代大統領

1993年、大統領に就任。自由連合盟約の条件を折衝。アメリカとの自由連合盟約が住民投票で承認される。1994年には独立と国際連合加盟を果たす。

ナカムラは自由連合盟約に基づく経済援助や諸外国からの政府開発援助を有効活用すべく、インフラ整備に着手した。コンパクト・ロードの建設や憲法に明記されていたバベルダオブ島への遷都事業もこの時に始まった。また、パラオ政府の足枷となっていたIPSECO社への負債も2000万ドルに値切ることに成功し、5年間かけて完済した。これらの甲斐あって、パラオの国内総生産は2倍近く上昇し、税収も倍増した。

国際通貨基金 (IMF) による詳細な指導を基に、様々な国有財産の売却、国内法の改正、外国資本の石油、天然ガス、鉱物資源への投資を積極的に誘致した。これらの政策によってペルーのマクロ経済は安定を取り戻し、ガルシア政権下で落ち込んでいた外国との貿易額も劇的に改善した。

これらの政策を円滑に進めるため、鉱物・石油資源の開発計画を指導する部局を政府に設置した。それまでは環境法により一元的に決定されていた化学物質の排出規制、廃棄物の処理手続きなどは、この組織によって開発プロジェクトごとに決定された。同時に国立公園、アンデス山脈地域、アマゾン川流域など保護地区での開発規制を撤廃している。

番外編

祖先が日本人・フィリピン人・中国人とされている。

フェルディナンド・エドラリン・マルコス(Ferdinand Edralin Marcos、1917年9月11日 - 1989年9月28日)はフィリピン共和国の政治家で独裁者。第10代大統領。20年間にわたって権力を握ったが、1986年の人民革命(エドゥサ革命)によって打倒された。

大統領選に出馬した大統領候補者

トミオ・オカムラまたは岡村 富夫(Tomio Okamura, 1972年2月19日 - )は、日本の東京都出身のチェコ共和国の男性政治家、実業家。

東京都出身の日系人。父は日本人、母はチェコ人。1990年代にチェコに渡り、観光業で成功する。2012年10月の上院議員選挙に立候補し当選する。2013年に行われるチェコ共和国大統領選挙に立候補を表明した。

1