向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

向日葵の咲かない夏/道尾秀介

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。


難解なラストについて様々な解釈があります。

※自分なりの解釈を以前記事にしたころ作者本人がtwitterにて反応してくれ驚きました。
【ネタバレ注意】ラストに隠された大オチに気づいた?http://matome.naver.jp/odai/2133889670826215901

この情報が含まれているまとめはこちら

読後、興奮しすぎて寝付けなかった小説5選ーブックオフで100円ー

どんでん返し、隠されたオチ、人間の心情描写が素晴らしかった作品を集めてみました。全てブックオフで100円で購入し、感動の余韻が凄まじくなかなか寝付けなかった小説です。

このまとめを見る