過去の不幸を踏まえても、ネガティブで痛い性格の加瀬ですが、それでも少しずつ自分を変えていこうとする姿勢に好感持てるところもあり、でもだからといって簡単にポジティブな人間に変貌する訳もなく…そんなブレない人物造形がまず見事だなぁと。こんな彼には、一癖ある過去を持ち、苦労人だけど鷹揚な阿木がピッタリだったんでしょうね。葛西さんのイラストがとてもしっくりきてました。本編は正直後ろ向き感が苦しかったのですが、ラストの短編で糖分補給♪ 阿木視点の"自分だけに懐く猫" 加瀬が確かに可愛く、幸せな甘さを堪能しました。

お菓子の家 口コミ(Tさん)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【BL小説】面白かったBL小説 50選 2012年版【ボーイズラブ小説】

2012年発売 面白かったBL・ボーイズラブ小説50選です。自分でも未読のものが結構あったので時間を見て読んでみたいなと思いつつ。こうしてまとめてみると面白そうなのがたくさん。そろそろこのBLがすごい!2012版も発表されるし‥楽しみです。

このまとめを見る