この本だけでなく漫画も含めて十亀の半生を読ませてもらったという満足感でいっぱい。十亀の「不運だったが不幸ではない」がズシリと胸に来た。彼は過去も今もけっして独りきりではないものね。書き下ろしの恋描写の割合が少なかったけど十亀視点なので仕方ないかなと個人的に納得。十亀の恋スキルで出来る精一杯のことはしてたと思うから。終盤、業を煮やした万が十亀に詰め寄ってるのに拍手。不器用で言葉が足りない同士だから成長幅の大きい万が頑張らないとねwメインになってる映画収録の緻密な描写は読み応えがあり興味深く読んだ!

リバーズエンド 口コミ(Nさん)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【BL小説】面白かったBL小説 50選 2012年版【ボーイズラブ小説】

2012年発売 面白かったBL・ボーイズラブ小説50選です。自分でも未読のものが結構あったので時間を見て読んでみたいなと思いつつ。こうしてまとめてみると面白そうなのがたくさん。そろそろこのBLがすごい!2012版も発表されるし‥楽しみです。

このまとめを見る