放電時に正極(空気極)に堆積する反応生成物(酸化リチウムなど)が充電時に完全に分解されず、充放電を繰り返すことで正極が目詰まりを起こします。このため酸素を取り込めなくなり電池として動作しなくなってしまうという問題があります。電極材料、電解質などを工夫することで、繰り返し充放電しても動作が止まらないリチウム空気電池の研究が進められています。

以下、最近のニュースから研究開発事例をいくつか紹介します。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

リチウム空気電池

リチウム空気電池はリチウムイオン電池より高容量化できる次世代の二次電池。電気自動車の航続距離を飛躍的にのばせると期待されています。

このまとめを見る