路傍の石 (新潮文庫)

路傍の石 ~山本有三

愛川吾一は貧しい家庭に育ち、小学校を出ると呉服屋へ奉公に出される。父・庄吾は武士だった昔の習慣からか働くことを嫌い、母おれんが封筒貼りや呉服屋の仕立物などをして生計をたてていた。吾一は中学進学を希望していたが、母の苦労を見てあきらめる。その後、下宿屋の小僧、おとむらいかせぎ、文選見習工などの職を転々とする生活を通して、社会の矛盾を感じ、悩みながら成長していく。

この情報が含まれているまとめはこちら

「あらすじ300文字」で味わう日本の名作文学

知ってるようで意外と知らない日本の名作のあらすじをまとめました。あらすじに触れるだけでも、あなたの生活は豊かになるはずです。ぜひ、お楽しみください。

このまとめを見る