1. まとめトップ

彼氏・旦那を浮気させない4つのメンタリズムテクニック

彼氏や旦那・夫との「普段のなにげない会話」で浮気をしたくなくなるようにコントロールすることができる。それが浮気をさせないように心を操るメンタリズムテクニック。

更新日: 2012年11月10日

75 お気に入り 24553 view
お気に入り追加

▼失敗例

「浮気しないでね」は禁句!

「浮気しないで」というセリフは、かえって浮気を助長する可能性があります。「浮気しないで」と言われた彼は、浮気している自分を無意識に思い浮かべ、「やってはいけないことをするときの感情の高ぶり」をイメージしてしまいます。人は「イメージしたように行動する性質」があるため、イメージさせてしまったばっかりに、彼氏が浮気に興味を持ち行動してしまう可能性が高くなります。

▼普段のなにげない会話で浮気を防ぐ方法

あえて「浮気したいの?」と聞く

間違いなく男性は「したくないよ」などの否定をします。このあえて自分で否定させることで、「自分は浮気はしたくないんだ」という自己暗示をかけさせることができます。

他の男の影をチラつかせる

少し派手な服装で出かけたり、男性の友達を作ることで、男性の影をチラつかせることができます。他の男性の影をチラつかせて嫉妬心をくすぐることで、相手の「浮気をする気持ちの余裕」をなくすことが狙いです。このような「ほかの相手の事を考える思考の余裕」を削っていくこともポイントです。

「浮気されたら、理由を問わず絶対に別れる」ポリシーであることを、過去の恋愛歴を使ってそれとなく伝える

「浮気された場合はどんな理由があろうと関係なく分かれる」スタンスを貫いてきていることを、過去の恋愛の経験談を話ながらそれとなく伝えることが有効です。男性は、浮気を実行に移す際に、「自分の彼女・妻は、浮気がバレた後に謝ったら、許してくれるか?」を考えています。
あらかじめ「絶対に分かれる」スタンスを伝えておくことで、男性は浮気のチャンスがあっても今の彼女・妻と別れる覚悟をもてず浮気を実行に移すことができなくなります。

嘘を見抜く勉強をしていることや、法律に強いことをチラつかせる

あえて共用のPCの閲覧履歴に「彼氏・旦那の嘘を見抜く方法」関連のページを残したり、関連書籍を本棚においておくことで、相手が浮気を実行に移さない抑止力になります。
同様に男性は浮気が見つかった場合の離婚や慰謝料などをリスクととらえているため、そのリスクが非常に大きなものになるのだと意識づけさせるために夫婦間のトラブルに関する法律や判例に詳しいというイメージをつけておくことも効果的です。

▼関連まとめ

1





ミステリーハンターさん

宇宙や地球の不思議が大好きです。
奇妙な一枚:http://goo.gl/i9TAh
世界の不思議:http://goo.gl/t0jiD
恋愛成就の方法:http://goo.gl/bqOQa