1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

honorblogさん

出生

1946年6月13日にニュージャージー州ブレアーズタウン付近でボーヒーズ家の長男として生まれる。

子供時代のジェイソン

身長192cm・体重114kgと大柄で筋肉質な体格だが、子供時代は背が低く痩せ型、常人の2倍はある心臓と異常に小さな脳を持っている。
先天的な病により顔が奇形となっており、これがジェイソンを殺人鬼へと変貌させた最大の要因となる。

「殺人鬼ジェイソン」の誕生

1957年、クリスタルレイクでキャンプに参加していた11歳のジェイソンは、その風貌から彼を怪物と忌み嫌う少年少女達の虐めにあい、顔に布袋を被せられた状態でクリスタル湖に突き落とされ、そのまま溺れて消息不明になる。

ジェイソンの母、パメラ・ボーヒーズ

この時、管理責任のあるキャンプ指導員達は性行為に及んで監視を疎かにしていた。結果事件は有耶無耶にされてしまい、この事件が原因でジェイソンの母パメラは精神に異常をきたすようになる。
しかし実はジェイソンは奇跡的に生存していた。
ジェイソンが消息不明になってからの間、発狂したパメラの狂行は遂にはキャンプ指導員を始めとする観光者達の殺人にまで至っていた。しかし13日の金曜日に起こした殺人事件の際、被害者の一人であるアリスの反撃によって首をナタで切断され死亡、しかし、偶然にもその現場を目撃したジェイソンは母親の復讐を誓う。

殺人の方法

寝袋ごと木にフルスイング

人間ごとベッドを折りたたむ

車の壁に顔をめり込ませる

パンチで首を飛ばす

ジェイソンがチェーンソーを使って殺人を行ったことは実は一度も無い

マチェット(鉈の一種)や斧を用いることが多い。

ホッケーマスク

布かぶりジェイソン

ジェイソンが殺人を始めた第2作ではまだ被っておらず、代わりに穴の空いた布袋を被っていた。これは幼少期に湖に投げ込まれ、溺れさせられた直前に被らされた物であり、自らの奇形の顔にコンプレックスを持っていたジェイソンにとって無くてはならない物であった。

おなじみのホッケーマスクは3作目から

現在に至るまでトレードマークとなっているホッケーマスクを被ったのは第3作からであり、被害者の一人であるシェリーが友人を脅かす為に被っていた物を奪い取った物で、第6作では第4作の殺人を生き延びたトミーがジェイソンを火葬にする際に用意した物を奪い、第8作では最初の被害者がジェイソンごっこで遊んでいたのを殺して奪い取ったものである。

弱点

女性に母親と同じ格好や話し方をされると、その女性を母親と錯覚して殺意を喪失してしまうこともある(第2作、FVJ)
そして、自らの毛髪を剃って坊主頭になったトミーの姿に、幼い頃の自身とイメージが重なって、殺意を喪失してた結果、命を落としている(第4作)

海を渡るジェイソン

『フレディVSジェイソン』では湖に沈められたトラウマから水が弱点とされているが、原作シリーズでのジェイソンは平気で水の中に入っており、第8作に至っては泳いでニューヨークに渡っている(溺れるという行為を怖がっている描写がある)。

1