ジェイソンが殺人を始めた第2作ではまだ被っておらず、代わりに穴の空いた布袋を被っていた。これは幼少期に湖に投げ込まれ、溺れさせられた直前に被らされた物であり、自らの奇形の顔にコンプレックスを持っていたジェイソンにとって無くてはならない物であった。

前へ 次へ