本屋さんに行くとトイレに行きたくなるのは、世の本好きにとってかなり共通した現象である。実はこの現象には“青木まりこ現象”というれっきとした名前がついている。そのルーツは85年『本の雑誌』に掲載された一通の投書。「私は何故か長時間本屋さんにいると便意を催します」。その差出人の名前が青木まりこさんだったというわけだ。

この不思議な現象を巡っては、その謎を解明すべく様々な説が提唱されている。

この情報が含まれているまとめはこちら

本屋でトイレに行きたくなる9つの理由

本屋さんに入ると、どういう訳かトイレが近くなっちゃう現象、ありますよね。本屋さんで便意を感じてしまう理由、まとめてみました♪

このまとめを見る