1. まとめトップ

ボディビル思考が健康を変える!大人が筋トレを始めるべき4つの理由

ボディビルは世界を救うと確信したから書きました。

更新日: 2017年10月08日

68 お気に入り 105222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

なにかと誤解を生みやすいボディビルですが、
ボディビルはあなたの健康を守ってくれます。

大人になるにつれて気になる生活習慣病

生活習慣病とは「食事や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣が深く関与して発症する疾患の総称」です。

日本人の三大死因である
がん、
脳血管疾患、
心疾患、

他にも動脈硬化症、糖尿病、高血圧症、脂質異常症
などはいずれも生活習慣病です。

① 【日本】
2008年の厚生労働省の調査によると糖尿病の可能性がある人は約2,210万人と推定された。

② 【中国】
「糖尿病患者数は9200万人。」と報告されている。

欧米よりも数が多いと言う。

生活習慣病の原因は食生活の乱れと運動不足

【生活習慣病の主な原因】

・食生活の乱れ
・喫煙
・運動不足と肥満
・過度の飲酒
・ストレス

出典
生活習慣病を知ろう!|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/

しかし原因は分かってても行動できないのがほとんど

お風呂入りながら太った原因をプカプカ考えてたんだけど、やっぱり深夜帯に食べることだよね。寝るのにカロリー消費しないものな。太ったと自覚するまでに摂取したカロリーたちがタプタプと体に蓄えられておるよ。

生活習慣病や肥満は先進国各国で騒がれてきました。しかし今後時代が経つにつれてもっと生活習慣病の危機が到来するのではないでしょうか。

その対策は今からでも遅くはありません。

生活習慣を改善する救世主!!それがボディビルなのです!

【ボディビルとは?】
ボディビル(ボディビルディング、英語:bodybuilding)は筋肉繊維をウェイトトレーニング、栄養の摂取、そして休養を組み合わせることによって発達させる過程のことである。

※下記写真の様な一般的にイメージされやすいボディビルダーの様な身体になるだけが、ボディビルではないと主張したい。

間違いなくボディビルは今後の生活習慣病改善の鍵となると思います。

何故ならボディビル業界のノウハウには健康を改善する要素がたくさんあるからです。

ただ誤解しないで頂きたいのが、「ボディビル」と言っても、なにも左写真の様な体になれと言っているわけではありません。ボディビルの生活に健康の鍵があると言う事を理解して頂きたいと思います。

尚、ボディビルダーの生活を真似しても、日本人が左の写真のような身体になるには10年のキャリアは必要です。才能に恵まれた人間でも。ほとんどの日本人はボディビル生活を真似しても左の様な体になることはできないから安心して下さい。

▼ 何故ボディビルが生活習慣病の予防につながるのでしょうか?

① 週5回以上の筋トレは糖尿病のリスク予防になる

1日30分の筋トレを週の5日間以上継続している男性では、34%も糖尿病発症リスクが低下している

ハーバード公衆衛生大学院の研究者からも、筋トレの生活習慣病の改善効果は認められているようです。ボディビルにハマると糖尿病などのリスク回避が期待出来ます。

筋トレを開始すると当然ですがお金がかかります。
それなりの施設、食費等を考えると、筋肉に使うお金は毎月2万はかかります。ただ、それだけ毎月身体に時間とお金を投資することになるから筋トレを続けられるのです。

② カロリー計算をする習慣がつく

ボディビルをすると食事内容を記録し、カロリーを計算する習慣がつく

何故ならボディビルに投資している時間と金を無駄にしたくないからです。

ボディビルをする時に大事な要素は、食事・筋トレ・睡眠です。それらを優先順位が高い順番にならべると、
1、食事
2、睡眠
3、筋トレ

となります。
いくら筋トレをしても、食事が改善されない限り一向に理想の身体にはなりません。

筋トレに時間をかける人は、その時間を無駄にしたくない為に、筋トレをしていない人よりも食事を気にする様になります。

※ボディビルするとこんな食事になります
http://matome.naver.jp/odai/2133614820292463501

※ 例えば減量時はこんな感じでカロリー計算します

例えば4ヶ月で瘦せるなら、4ヶ月合計で消費しなくてはならないカロリーを計算します。
1ヶ月単位、1週間単位の消費カロリー目標を設定ます。

何故なら体脂肪を1kg落とす為には約7000kcalの消費が必要だからです。
もし体脂肪を12kg落とすなら8万4000kcalの消費が必要なので、1週間ごとの計画を立てる必要があります。

8万4000kcalを120日分(4ヶ月)で割る必要がある。
つまり1日700kcalを消費しないと4ヶ月で12kg瘦せません。

1週間で4900kcal。
1ヶ月で19600kcalの消費です。

③ 筋トレをするとストレス発散ができる

全く運動しないグループに比べて、1週間に運動を2時間以上しているグループは1年後に抑うつになるリスクが約半分

筋トレがストレス解消に効果的なのは有名な話です。
特に爽快感に関係する脳内ホルモン「セロトニン」が活性化されます。

筋トレはやっている時は辛さと戦うものですが、筋トレを完了した後は非常に爽快感があります。筋トレをすることによりストレスがかかるのではと懸念される人がいますが、むしろ逆です。筋トレで力を発散させることにより、ストレスも減って行くのです。

④ 理想の体型になるに連れて自信がつく

コンプレックスがあると不用意にストレスを抱えます

私は小中高校生の時は太っていたことにより自信がありませんでした。自信がなかったときの私は酷いもので、友人を作れないのはもちろん女性とも話せませんでしたし、劣等感だらけの人生を送っていました。

しかしボディビルをはじめたことにより、そんなことはなくなりました。大きなコンプレックスであった体型が改善されて、堂々とした態度で話せるようになりました。

女性とも会話もでき毎日が楽しくなりました。
ボディビルは今まで自信が無かった人間に自信をもたらす効果もあります。

▼ そして筋トレをやり続けた結果こうなる…

1 2