- 三菱重工鉄構エンジニアリングは、振動水柱型空気タービン方式の波力発電システムの実証研究を開始すると発表しました。NEDOの「海洋エネルギー技術研究開発(海洋エネルギー発電システム実証研究)」に採択されたもので、2015 年までに1kWh 当たりの発電単価を 40 円以下に抑えることを目標に、高効率波力発電システムの実用化に取り組んでいくというものです。2011~2012 年度は実現可能性調査(FS)を実施し、2013 年度以降、実海域における実証研究を目指すとのことです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

波力・潮流・潮汐・海洋温度差発電のカタログ 海洋エネルギーは次代を担う!

再生可能エネルギーの世界-大きな期待を背負う海洋エネルギー開発。わが国は、周囲を海洋とする海洋国家です。この風土と国のなりたちを生かすことで、世界に冠たる再生可能エネルギー/海洋エネルギー大国となることができます。

このまとめを見る