1. まとめトップ

波力・潮流・潮汐・海洋温度差発電のカタログ 海洋エネルギーは次代を担う!

再生可能エネルギーの世界-大きな期待を背負う海洋エネルギー開発。わが国は、周囲を海洋とする海洋国家です。この風土と国のなりたちを生かすことで、世界に冠たる再生可能エネルギー/海洋エネルギー大国となることができます。

更新日: 2014年08月28日

5 お気に入り 26096 view
お気に入り追加

Hitachizosen 日立造船 -----> Gyro Dynamics ジャイロダイナミクス

Institute of Ocean Energy,Saga University (IOES) 佐賀大学海洋エネルギー研究センター

関連エントリー
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2011/11/ihi-e83b.html
========================
以上 IHI 潮流発電 (日本)

- ロッキード・マーティン Lockheed Martin の海洋温度差発電(Ocean Thermal Energy Conversion-OTEC)の実証プラントをアメリカ海軍が発注。ハワイで実証プラント建設されました。

Lunar Energy 潮流発電・潮汐力発電 (イギリス)

韓国での大型プロジェクトの話については、英語では検索できていないので、以下の情報のその後を探索中です。

「韓国の電力会社”KOREA MIDLAND POWER”社が、完成すれば世界最大となる300MWの潮流発電所を建設する計画を推進しています。イギリスのLunar Energy社と韓国の電力会社 KOREA MIDLAND POWERが契約し計画を発表しました。計画では、2008年中にはテストプラント1基の設置を開始し、2009年3月に本格稼動。さらに、このテストプラントの実験を経て、2015年の12月までに300基、300MWの堂々たる潮流発電所の建設計画です。」-----ソフトエネルギー、2008/03/21より
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2008/03/british_firm_an_c046.html

VideosDMAEuropa,2011/07/26
http://youtu.be/vRtHXdVfM9A
参照 Altra Industrial Motionの項目をご覧ください。

関連エントリー
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2008/03/british_firm_an_c046.html
========================
以上 Lunar Energy 潮流発電・潮汐力発電 (イギリス)

Marine Current Turbines Limited 潮流発電 (イギリス)

2009年にMarine Current Turbines社が開発した直径16mの600KWの発電機二機取り付けられた1.2MWの世界初の商業潮力発電機SeaGen Sが建設されました。MCTは、もっとも海洋エネルギー開発の歴史の中で長きにわたって注目されてきた企業です。
SeaGen Sの前には、300 kW のSeaFlowの開発を2003年ころに行っていて、海の中の”風力発電機”などと言われ話題になりました。(Energies Renouvables en Mer 20 et 21 Octobre 2004 - Brest, France Marine Current Turbines: feedback on experience so far by Peter Fraenkel
Marine Current Turbines Ltd)

 最近は、シーメンスの傘下に入り今後の展開に注目が集まっています。

-----image : Marine Current Turbines Limited の関連サイトより
http://www.marineturbines.com/Seagen-Technology/O-M

MeyGen イギリス(スコットランド)での潮流発電所建設プロジェクト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11