1. まとめトップ

ブラジル料理「コシーニャ」レシピ

ブラジル風コロッケ「コシーニャ(Coxinha)」のレシピです。ブラジルで人気のスナックです。

更新日: 2012年11月16日

27 お気に入り 19303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

コシーニャ(Coxinha)

ポルトガル語で「腿」を意味するコシャ(coxa)の縮小形。丸めた形が鶏の腿肉に似ていることから名付けられた。
ささみ状にした鶏肉を茹でたジャガイモやキャッサバを潰したもので包み、油で揚げたブラジル風コロッケ。

材料(20コ分)

《中身》
・骨なし皮なしの鶏胸肉:450g
・水:3カップ
・塩:適宜
・オイル:大さじ2
・玉ねぎ(みじん切りにしたもの):1
・トマト(種を取り除き、みじん切りにしたもの):1カップ
・塩コショウ:適宜
・クリームチーズ:1/2カップ
《生地》
・小麦粉:2カップ
・オイル:大さじ2
・塩コショウ:適宜
《クリスピー》
・とき卵:2
・細かくしたパン粉:1+1/2カップ
・揚げ油:適量

調理

① 鶏肉、水、塩を片手鍋に入れ中火で熱する。沸騰したら、火を弱め、鶏肉が柔らかくなるまでコトコトと20〜30分煮る。

② 鶏肉を取り出す。出汁は別の容器に移し取っておく。鶏肉が冷めたら、手で細かく割く。

③ きれいな片手鍋にオイルを入れ中火で熱する。熱が通ったら、玉ねぎを加え、透明になるまで2〜3分炒める。トマトを加え、2〜3分煮詰める。②の鶏肉、塩コショウを加え、水分がなくなるまでコトコト煮る。火を止め、クリームチーズを加え、かき混ぜる。この時、調味料で味を調整する。

④ ②の出汁(2カップ分)、小麦粉、オイル、塩コショウを新たな片手鍋に入れ、なめらかになるまでかき混ぜる。中火にし、生地が鍋の端から端まで伸びるくらいまでかき混ぜ続ける。生地と③を1時間ほど冷ます。

⑤ ゴルフボール大の生地を円形に平たくする。中身③大さじ1を生地の中央に乗せ、生地で包み込む。この時、鶏の下脚みたいに先を少し尖らせた形にする。

⑥ ⑤をとき卵に十分浸し、パン粉の上で転がしまぶす。ベーキングシートの上に置く。185℃に熱した油で、黄金色になるまで3〜4分ほど揚げて、完成。

材料調達

余分な、脂身も少なくとってもヘルシーな部位。大分県は鶏肉の消費量が、なんと【日本一!】ってことは、良質な鶏肉が大量に流通してるってことですよね。もちろん精肉加工処理後は、鮮度保持の為瞬間凍結いたしております。

さわやかな酸味となめらかな口当たりのクリームチーズです。

天ぷらや手打ちうどんまで、幅広く利用できる薄力粉です。密封チャック付きなので、開封が簡単で、保存にも便利です。

イギリスパンをしっかりと焼き上げて出来たパン粉。サクサク感のある香ばしい揚物が楽しめます。

おすすめブラジル料理レシピ

もっとブラジル料理を作りたい人はこちら

1