1. まとめトップ

たくさんキスしたくなる!《キスについての6つの意外な効果》

KISSでメタボ解消?キスでダイエットできる?ウソのような本当の話です。キスは、実は健康にとってもいいそうなのです。キスするだけで健康になれるなら、もっともっとたくさんしたくなりますよね。え?相手がいないって?(笑) キスの効能、まとめてみました♪

更新日: 2015年07月13日

47 お気に入り 68723 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

angelkissesさん

1. 歯をきれいにして、虫歯を防ぐ

歯磨きほどの効果は期待できませんが、ディープキスをすることで、口の中の汚れが擦り摂られて、ある程度は綺麗になります。また、キスに刺激されて、唾液の分泌量が増え、唾液が口の中を洗浄し、虫歯の原因となる歯に付着したままの食べかすなどの汚れを流し去ります。唾に含まれるミネラル分は、歯の表面を覆うエナメル質を強化することも分かっています。キスをすることで、口内環境が整えば、歯医者に頻繁にいかなくて済むかもしれませんね。

2. 顔の筋肉を鍛え、若さを保つ

女性は若さを保つために、高い化粧品を買ったり、エステにいったり美容整形したりと、美しくあるためにお金をかけます。ところが、最近の調査で、キスによって表情筋が鍛えられて、キスをするだけで見た目年齢を若く保てる、ということが分かってきました。人間はキスをするとき、顔にある30本ほどの筋肉が動き、これが良い方向に働くと長期的に自信が高まるだけでなく、血液循環もよくなるそうです。これからは美を保つために高いお金を払わなくても、パートナーとキスに励めばいい、ということですね。

3. メタボを解消する

キスは顔の表情筋を鍛えると共に、体のおなか周りを細くすることが分かっています。キスする時、前かがみになると鼓動が早くなっているのが分かりますよね。鼓動が早くなると、血液中にアドレナリンが放出され、それによって代謝が上がり、エネルギー消費量がアップします。情熱的なキスをすると、1分間に2~5カロリーも消費でき、これは何もしないでじっとしている時に消費するカロリーの約2倍のカロリー消費量です。また、カップルが1時間キスし続けた場合、1人当たり平均287.5カロリー消費した、というデータもあります。運動をさぼった日には、とりあえずキスしておくといいかもしれません。

4. 免疫力がアップする

エクササイズした時と同様に、キスは体の免疫力を高めます。またキスは、二人の唾液に含まれるバクテリアが混ざり合うので、天然のワクチンである、ということもできます。ただし、既に風邪をひいたりインフルエンザにかかってしまっている相手だと、自分にまでうつってしまいますので、キスをする前に、相手の健康状態はよくチェックしましょう。

5. ストレスを緩和する

人は常にキスをしたがるものですが、それはキスが“天然のドラッグ”だから。脳は、キスを交わすことで分泌されるホルモン、「オキシトシン」の中毒になるのです。このホルモンは恋愛やオルガズム、出産、授乳といった人間の本能的な営みに影響を与え、心理的な感情とも係わり合いが深いとされています。ずっとキスをした後は、幸福感が湧き上がってきて、何でもできちゃうような気がしてきませんか?それがオキシトシン効果なのです。気分が上昇し、それに伴ってストレスも緩和されます。

6. 痛みを止める

今度、頭痛や歯痛などの痛みに悩まされた時、痛み止めに手をのばす前に、パートナーを捕まえてキスしてみてください。キスをすると、エンドルフィン系の脳内物質が放出され、爽やかな気分になり痛みが和らぎます。キスは、薬のように副作用も無い、とてもよく効く天然のバファリン、といえるでしょう。

1