1. まとめトップ

ロリータとは?

ドロレス・ヘイズの愛称。小説の登場人物。
「少女」を意味するスラング。

キューブリックの元祖「ロリータ」から。

美しくも儚げなロリータ映画を紹介します。

思春の森 1976/1977年

森の中でひと夏を過ごす、少年と2人の少女との間にくり広げられる、思春期における恋を描く。

ヤフーオークションにおいて、この作品のDVDを販売していた男性が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された。

小さな悪の華 1970年

公開時のコピーは「地獄でも、天国でもいい、未知の世界が見たいの!悪の楽しさにしびれ 罪を生きがいにし 15才の少女ふたりは 身体に火をつけた」
1970年にフランスで製作された本作は、その反宗教的で淫靡な内容からフランス本国を初めとする各国で上映禁止となり、アメリカと日本とのみで上映された。

小さな唇 1987年

一人の少女を愛してしまった男の破滅を描く。

エコール 2004年

深い森の中、少女たちが学校に通いながら生活していた。そこでは異性の姿は無く、バレエの発表会のときのみ外部から客がやってくる。しかし、少女たちは次第に外の世界への憧れを募らせていく。

キャメロット・ガーデンの少女 1997年

10歳の少女デヴォンはケンタッキー州の裕福な住人が住むキャメロット・ガーデンに引っ越して来た。しかし、デヴォンは偽善的な住人達と馴染めずにいた。ある日、森の中でトレーラーに暮らす青年トレントと出会う。

1





sss77さん