1. まとめトップ

新日本プロレス「1.4東京ドーム大会」と23年の歴史

来年、2014年も“イッテンヨン”1.4新日本プロレス東京ドーム大会が行われると言うことで、過去の1月4日に行われた東京ドーム大会を振り返ってみました。23年連続同日ドーム大会というのは、ギネス記録ものだとか。

更新日: 2013年11月11日

28 お気に入り 176156 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kiyo_fujiさん

▼1989年4月24日「'89 格闘衛星☆闘強導夢」観衆53,600人

◎主なカード:
【IWGPヘビー級王座決定戦&闘強導夢杯争奪トーナメント決勝】
○ビッグバン・ベイダー (9分47秒) ×橋本真也

【獣神ライガーデビュー戦】
○獣神ライガー(9分55秒)小林邦昭×

【米ソスペシャル・シングルマッチ30分1本勝負】
○サルマン・ハシミコフ (2分26秒) ×クラッシャー・バンバン・ビガロ

【日ソ異種格闘技戦・3分10R】
×アントニオ猪木 (5R1分20秒) ○ショータ・チョチョシビリ

▼1992年1月4日「超戦士 in 闘強導夢」観衆60,800人

◎主なカード:
○アントニオ猪木(10:09)馳浩●

○スティング、グレートムタ(11:03)R.スタイナー、S.スタイナー●

【WCW世界ヘビー級選手権】
○レックス・ルガー(15:09)蝶野正洋●

【IWGP&グレーテスト18クラブ両ヘビー級選手権】
○長州力(12:11)藤波辰巳●

▼1993年1月4日「FANTASTIC STORY in 闘強導夢」観衆63,500人

◎主なカード:
【IWGPジュニアヘビー級選手権】
○獣神T.ライガー(体固め、20:09)ウルティモ・ドラゴン●

【NWA世界&IWGP両ヘビー級選手権】
○G.ムタ(体固め、19:48)蝶野正洋●

【IWGPタッグ選手権6】
▲ホーク・ウォリアー、パワー・ウォリアー(両者リングアウト、14:38)R.スタイナー、S.スタイナー▲

○藤波辰巳(飛龍裸締め、11:41)石川敬士●

○天龍源一郎(エビ固め、18:14)長州力●

▼1994年1月4日「'94 BATTLE FIELD in 闘強導夢」観衆62,000人

◎主なカード:
【IWGPタッグ選手権試合】
×ジュラシック・パワーズ(12分47秒・片エビ固め)ヘル・レイザーズ○

×馳 浩&武藤敬司(20分51秒・片エビ固め)スタイナー・ブラザーズ○

×藤波辰爾(13分33秒・片エビ固め)○ハルク・ホーガン

○長州力(9分4秒・片エビ固め)×藤原喜明

【IWGPヘビー級選手権】
○橋本真也(28分0秒・片エビ固め)×蝶野正洋

×アントニオ猪木(15分56秒・エビ固め)○天龍源一郎

▼1995年1月4日「'95 闘強導夢 BATTLE 7」観衆62,500人

◎主なカード:
【FINAL COUNT DOWN 格闘技トーナメント1回戦】
○アントニオ猪木(裸締め、6:37)ジェラルド・ゴルドー●

【FINAL COUNT DOWN 格闘技トーナメント決勝戦】
○アントニオ猪木(裸締め、10:26)スティング●

【IWGPタッグ級選手権】
○馳、武藤(北斗原爆固め、25:12)スコット、リック・スタイナー●

【IWGPヘビー級選手権】
○橋本(片エビ固め、19:36)佐々木●

▼1996年1月4日「'96 WRESTLING WORLD in 闘強導夢」観客64,000人

◎主なカード:
石沢常光&大谷晋二郎&○永田裕志(10分15秒・腕ひしぎ逆十字固め)×山本健一&桜庭和志&金原弘光

○冬木弘道(6分42秒・片エビ固め)×安生洋二

【INOKI FINAL COUNT DOWN 5th】
○アントニオ猪木(14分16秒・腕ひしぎ逆十字固め)×ビッグバン・ベイダー

【新日本プロレスvsUWFインター対抗戦】
○長州力(5分46秒・サソリ固め)×垣原賢人

○橋本真也(9分18秒・体固め)×山崎一夫

IWGPヘビー級選手権・60分1本勝負
×武藤敬司(17分57秒・腕ひしぎ逆十字固め)○高田延彦

▼1997年1月4日「'97 WRESTLING WORLD in 闘強導夢」観衆62,500人

◎主なカード:
【新日本プロレス対大日本プロレス】
○大谷晋二郎(8分30秒・片エビ固め)×田尻義博(大日本プロレス)

【INOKI FINAL COUNT DOWN 6th】
○アントニオ猪木(4分13秒・コブラツイスト)×ウィリー・ウィリアムス

【ジュニア・ヘビー級8冠選手権試合】
×ウルティモ・ドラゴン(18分21秒・片エビ固め)○獣神サンダー・ライガー

【IWGPタッグ選手権試合】
天山広吉&×蝶野正洋(16分10秒・飛龍裸絞め)木村健悟&○藤波辰爾

【IWGPヘビー級選手権試合】
○橋本真也(18分4秒・片エビ固め)×長州力

▼1998年1月4日「FINAL POWER HALL in 闘強導夢」観衆65,000人

◎主なカード:
【長州力引退試合】
○長州力(3分57秒・体固め)×藤田和之
○長州力(1分42秒・片エビ固め)×吉江 豊
○長州力(1分21秒・サソリ固め)×高岩竜一
×長州力(2分2秒・アキレス腱固め)○飯塚高史
○長州力(5分9秒・体固め)×獣神サンダー・ライガー

【異種格闘技戦時間】
×小川直也(8分47秒・レフェリーストップ)○ドン・フライ

【IWGPヘビー級選手権試合】
○佐々木健介(25分18秒・体固め)×武藤敬司

▼1999年1月4日「'99 WRESTLING WORLD in 闘強導夢」観衆62,000人

◎主なカード:
【新日本 vs U.F.O】
小川直也(6分58秒、無効試合)橋本真也

【IWGPタッグ選手権】
○天山広吉、小島聡(16分35秒、片エビ固め)天龍源一郎、×越中詩郎

【IWGPヘビー級選手権】
○武藤敬司(19分1秒、足4の字固め)×スコット・ノートン

▼2000年1月4日「闘強導夢2000」観衆63,500人

◎主なカード:
【鈴木健三デビュー戦】
○中西 学(6分41秒、アルゼンチン式背骨折り)×鈴木健三

【山崎一夫引退試合】
○永田裕志(6分41秒、バックドロップホールド)×山崎一夫

○蝶野正洋(25分0秒、クロス式STF)×武藤敬司

【IWGPヘビー級選手権】
○佐々木健介(14分43秒、体固め)×天龍源一郎

▼2001年1月4日「WRESTLING WORLD 2001」観衆62,001人

◎主なカード:
【武藤大谷凱旋帰国試合】
○大谷&武藤(5分44秒・コブラホールド)×ライガー&中西

△長州(15分20秒・両者レフェリーストップ・引き分け)△橋本

【IWGPヘビー級王座決定戦】
○佐々木(10分30秒・ノーザンライトボム~体固め)×川田

▼2002年1月4日「WRESTLING WORLD 2002」観衆51,500人

◎主なカード:
【Translate Trading...Pure Pro-Wre's Love】
馳浩&○武藤敬司(16分44秒 )藤波辰爾&西村 修×
※月末に武藤は新日本を退団。

【Be In The Ring!!】
佐々木健介(無効試合4分2秒)小川直也

【GHCヘビー級選手権試合】
○(王者)秋山 準(19分58秒 )永田裕志×
※永田は年末のミルコ戦に敗れたばかり

▼2003年1月4日「WRESTLING WORLD 2003」観衆50,000人

◎主なカード:
○中邑&小原(7分12秒・レフェリーストップ)×安田&村上

○天山&小島(23分18秒・TTD~片エビ固め) ×蝶野&中西

【NWF 王座決定戦】
○高山(10分19秒・ヒザ蹴り~体固め) ×高阪

【IWGPヘビー級選手権試合】
○永田(10分40秒・ニールキック~片エビ固め) ×ジョシュ・バーネット

▼2004年1月4日「WRESTLING WORLD 2004」観衆53,000人

◎主なカード:
【U-30無差別級選手権試合 】
○棚橋弘至(17分06秒)吉江 豊×

○永田裕志(12分10秒レフェリーストップ)佐々木健介×

【プロレス宣言~蝶野正洋復帰戦~ 】
蝶野正洋&×天山広吉(21分00秒)武藤敬司&ボブ・サップ○

【IWGPヘビー級王座&NWFヘビー級王座統一戦】
○ [IWGP王者]中邑真輔(13分55秒)[NWF王者]高山善廣×

▼2005年1月4日「闘魂祭り WRESTLING WORLD 2005」観衆46,000人

◎主なカード:
【アルティメット・ロワイヤル】
×ウォーターマンvs○永田(成瀬、中西、矢野、長井、スミヤバザル、ウルフ)

【闘魂杯巴戦】
○蝶野正洋(6分54秒)長州力×、○蝶野正洋(11分33秒)天山広吉×、

【IWGP・U-30無差別級選手権試合】
棚橋弘至●(24分45秒)○中邑真輔

1 2

関連まとめ