1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

チュートリアルは、コマンドプロンプト上でvimtutorと入力
(windowsの場合)

レッスン 1 要約

1. カーソルは矢印キーもしくは hjkl キーで移動します。
h (左)j (下) k (上) l (右)

2. Vim を起動するにはプロンプトから vim ファイル名 <ENTER> とタイプします。

3. Vim を終了するには <ESC> :q! <ENTER> とタイプします(変更を破棄)。
もしくは <ESC> :wq <ENTER> とタイプします(変更を保存)。

4. カーソルの下の文字を削除するには、ノーマルモードで x とタイプします。

5. カーソルの位置に文字を挿入するには、ノーマルモードで i とタイプします。
i テキストのタイプ<ESC> カーソル位置に追加
A テキストの追加 <ESC> 行末に追加

NOTE: <ESC> キーを押すとノーマルモードに移行します。その際、間違ったり入力途
中のコマンドを取り消すことができます。

レッスン 2 要約

1. カーソル位置から単語の末尾までを削除するには dw とタイプします。
2. カーソル位置から行の末尾までを削除するには d$ とタイプします。
3. 行全体を削除するには dd とタイプします。

4. モーションを繰り返すには数値を付与します: 2w
5. 変更に用いるコマンドの形式は
オペレータ [数値] モーション

それぞれ:
オペレータ - 削除 d の類で何をするか。
数値 - そのコマンドを何回繰り返すか。
モーション - w (単語)や $ (行末)などの類で、テキストの何に対して働きか
けるか。

6. 行の先頭に移動するにはゼロを使用します: 0

7. 前回の動作を取消す:u (小文字 u)
行全体の変更を取消す:U (大文字 U)
取消しの取消し:CTRL-R

レッスン 3 要約

1. 既に削除されたテキストを再配置するには、p をタイプします。これは削除さ
れたテキストをカーソルの後に挿入します(行単位で削除されたのならば、カー
ソルのある次の行に挿入されます)。

2. カーソルの下の文字を置き換えるには、r をタイプした後、それを置き換える
文字をタイプします。

3. 変更コマンドではカーソル位置から特定のモーションで指定される終端までを変
更することが可能です。例えば cw ならばカーソル位置から単語の終わりまで、
c$ ならば行の終わりまでを変更します。

4. 変更コマンドの形式は

c [数値] モーション

さぁ、次のレッスンへ進みましょう。

1