1. まとめトップ

黙れ!異常だ!罵声飛び交うアップルコールセンターの過酷な職場環境

スマートフォン市場のみならず、ITメディアを常にトップで牽引している世界的なApple。その裏側で、劣悪な環境下で働かされている従業員がいることもまた事実。特に今回はAppleコールセンターの知られざる現状について知ってもらいたいまとめ。

更新日: 2012年11月21日

46 お気に入り 288700 view
お気に入り追加

15分かかってシリアル確認できていないのは異常だ

お客様によっては個人情報に敏感であり、用件以外の回答を億劫に感じる方も当然いるが、全体の一件だけを抜き出してこのような暴言を浴びせる。

(ある社員が遅刻した際、チャットにて全体へ)「〇〇が遅刻してあたふたしてたので。みんなに謝れ!ちゃんと謝れ!」

チャットは同じ部署の不特定多数の社員も閲覧することが出来る。このように、イジられキャラとして周囲に定着させたのち、一斉に集中砲火を浴びせる手法が普段の光景となっている。

(質問へ対して)「だまれ。メール見れ。」

これは、周知事項としてメールを送信していたが、前日に休んでいたためそのメールの存在を知らなかった社員へ対する一言。

上司:「お客様の方がスキル高すぎwww」
上司:「完全にお客さんの方が知識高いので、Tier2どうぞ」
上司:「舐められてますwww」

上司:「転送した?」
社員:「今してます」
上司:「早く転送しろよ」

研修期間中、現場ではこのようなやり取りがチャットにて連日行われます。

まだ定着していない知識のまま、電話対応をし、お客様の問題によって解決に遅れが出る場合には焦りが出ます。
それに対してこのようにチャットで複数の上司に責め立てられるのが日常です。

社員「聞きたいことがあるんですけど〜(デバイスの操作方法について尋ねる)」
上司「お前クズだな!」

基本的に目をつけられるとこのようなコミュニケーションを取ることになります。

アップルコールセンターは日本国内に5カ所存在します。

すべての事業所がこのような環境かは分かりませんが、4、5年このような形で運営が継続されており、離職率も97%のままであることを考えると、やはりどこも似たような可能性は高いです。

世界を代表するApple。
その下支えをしているコールセンターでは、日々このような環境下のもと業務に従事している社員がいます。

このようなパワハラを断絶するためには、一体誰が何をしなければ解決されないのでしょうか?

これを読んでるときにも、数々の暴言に耐え忍びながら日々生きている人がいることを、私たちは忘れてはなりません。

あなたの周りで困っている人はいませんか?

関連リンク

1 2





このまとめへのコメント2

  • nomsapさん|2013.08.05

    こんなのもあった。酷い職場だなw

    改ざん ねつ造 アップル コールセンターのサポートにモラルは無い
    http://f4k3c54tn0th1ngm0ral.blog.fc2.com/

  • 0谷さん|2013.05.31

    ヒメノさ~ん顧客情報の持ち出しはやめましょうね

1

おまかせくんさん

時事ネタを主にまとめつつ、法律に関する知識をお届けし、少しでも有益な情報を皆さんが得られるよう努めて参ります。それでは皆さん、宜しくお願い致します♪