1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

貯金でお金が減り、借金でお金が増える時代に? 安倍自民総裁がマイナス金利を提言

2012年11月15日、自民党の安倍晋三総裁が日銀の政策金利に関し「ゼロにするか、マイナス金利にするぐらいのことをして、貸し出し圧力を強めてもらわないといけない」と述べました。マイナス金利とは何か、マイナス金利のメリット・デメリット等についてまとめました。

更新日: 2012年11月18日

97 お気に入り 72080 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lowplさん

安倍自民総裁がマイナス金利を提言

自民党の安倍晋三総裁は15日、都内で講演し、日銀の政策金利に関し「ゼロにするか、マイナス金利にするぐらいのことをして、貸し出し圧力を強めてもらわないといけない」と述べた。

マイナス金利って?

お金を貸す側が利息を払い、お金を借りる側が利息を貰うことになります。

マイナス金利(まいなすきんり)とは、その名前の通りマイナスの金利。資金の借り手が貸し手から利息を受け取ることになる。

普通、お金を預けると、金利がついて利息がもらえます。
マイナス金利の場合は、お金を預けた側が手数料を払うことになります。

たとえば銀行に預金をすると、預金者が銀行に対してお金を払うのです。

ただし、政策金利は日銀と市中銀行の間での金利なので、政策金利がマイナスになっても一般の預金者の金利がマイナスになるとは限りません。

既にマイナス金利の国も

デンマーク国立銀行(中央銀行)は先月、銀行の主な預金金利――譲渡性預金(CD)金利――をマイナス0.2%に引き下げた。

2012年7月に、マイナス金利へ引き下げる発表がありました。

マイナス金利のメリットは?

マイナス金利は投資刺激につながる

金利を下げると、企業が積極的にお金を借りて設備投資等をするようになり、お金が回り、景気回復につながると言われています。

安倍氏は講演で「現下の経済状況、最大の問題点は長引くデフレと円高だ」と指摘。

マイナス金利はデフレ脱却と円高対策になります。
(マイナス金利にすると、インフレと円安になりやすくなります)

「マイナス金利→インフレ・円安」のメリット

物が売れやすくなり景気が良くなります。いわゆる「バブル」の時がこれに当たります。
また物の価値が上がり通貨価値が下がるので輸出で有利になります。

円安になれば、輸出企業は売上の増加が見込まれます。

為替市場で早速反応が

自民党の安倍晋三総裁が講演で改めて日銀の強力な金融緩和の必要性に触れたほか、マイナス金利の可能性にも踏み込んだことで、円が主要通貨に対して急速に売られた。

午後、ドル/円は80.20円付近から80.90円台まで急ピッチで上昇、6カ月半ぶりの高値を付けた。ユーロ/円は102.15円付近から103.19円付近まで約1円の大幅高となった。

「マイナス金利→インフレ・円安」のデメリット

いいことばかりではありません。
ハイパーインフレ(急激なインフレ)を懸念する声も上がっています。

極端にお金の価値が下がりすぎるといくらお金があっても物が買えない、という状況になりかねません。
またそうなると他国から輸入で物を仕入れる事も難しくなります。

安倍総裁の発言への懸念も

前原誠司経済財政相は15日夜の国家戦略会議後の記者会見で、自民党の安倍晋三総裁が日銀に対して無制限の金融緩和を求めていることに関して「日銀の独立性を全く度外視した発言をしていることに投機筋が変な反応をしないか大変危惧している」と懸念を示した。

関連リンク

1





このまとめへのコメント2

1