1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

10分で分かる初めてのパリ観光

パリは巨大な都市です。どこから手をつけていいのかという初心者の方のために10分で分かるまとめを作りました。休業日などは予定なく変更される場合があるので、必ず公式HPのチェックをお願いします。

更新日: 2014年02月16日

490 お気に入り 57523 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●パリの地理を知ろう

凱旋門とルーブル美術館の距離が3km程度です。
シャンゼリゼ大通りも凱旋門とルーブル美術館を結んだ直線上にあります。
この三角形内にホテルを取れば便利なことは間違いありませんが、料金は高めになります。

それではどういった名所が?地図内の番号順にどうぞ。

言わずと知れたパリ凱旋門。上には上ることができます。交差点の真ん中に位置するので、凱旋門の入り口には地下通路からアプローチします。

住所:Place Charles de Gaulle Etoile 75008 Paris
開館時間:10:00~23:00(4~9月)
       10:00~22:30(10~3月)
休業日:一部休日
入場料金:9€
公式サイト:http://arc-de-triomphe.monuments-nationaux.fr/

パリの道路が凱旋門を中心に広がっていることが分かります。

世界三大オペラ座の一つです。内部も見学できます。

住所:8 rue Scribe, Place de l'Opera - 75009 Paris
開館時間:10:00~17:00
休業日:1/1、5/1、昼公演のある日
入場料金:9€
公式サイト:http://www.operadeparis.fr/

世界有数の美術館です。見て回るのに一週間かかるなどと言われます。

住所:Musée du Louvre, 75058 Paris
開館時間:9:00~18:00
休業日:毎週火曜日、1/1、5/1、12/25
入場料金:9€
公式サイト:http://www.louvre.fr/jp

モナリザもここに。ガラスケース越しの鑑賞です。

セーヌ川に浮かぶシテ島にあります。
パリから何キロなどと言われる場合、大聖堂前広場に埋め込まれた星印を基準に言われます。

住所:6 Parvis Notre-Dame, Place Jean-Paul II, 75004 Paris
開館時間:10:00~18:30(4~9月)
       10:00~17:30(10~3月)
休業日:1/1、5/1、12/25
入場料金:8€
公式サイト:http://www.notredamedeparis.fr/

夜にはライトアップされる他、毎正時には5分間キラキラと輝きます。

住所:Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris
開館時間: 9:00~0:45(6/17~8/28)
       9:30~23:45(8/29~6/16)
休業日:なし
入場料金:13.4€
公式サイト:http://www.tour-eiffel.fr/

パリ北部モンマルトルの丘に位置するサクレ・クール寺院。少し場所も離れており治安も良くはない地域なので、初回の訪問ではパスしても良いかもしれません。

住所:Parvis du Sacré Coeur 75018 Paris
開館時間: 6:00~22:30
休業日:なし
入場料金:5€
公式サイト:http://www.sacre-coeur-montmartre.com/

他にも、オルセー美術館、モネの『睡蓮』があるオランジュリー美術館など訪問したい場所は沢山ありますが、それは別の機会に…。

●パリの交通を知ろう

メトロは距離に関係なく全線同一料金です。切符は券売機で買え、1回券は1.7€。
改札は自動改札で、電車の扉は手動式が多いです。

〈駅で知っておきたいフランス語〉
Billet(ビエ):切符、Correspondance(コレスポンダンス):乗り換え、Entree(アントレ):入り口、Sortie(ソルティ):出口

停留所に行き、乗りたいバスが来たら手を挙げるなど合図をします。乗車したら切符を入り口近くの刻印機にいれます。運転手から買うこともできます。切符はメトロと共通です。
降車するときは柱のボタンを押します。

出典ameblo.jp

TAXISと書かれたタクシー乗り場から乗ります。
初乗り:5.6€、0.86~1.35€/kmといったところです。
チップは不要ですが、細かいおつりなどを遠慮する程度はしてもいいかもしれません。
乗った方はパリの渋滞を体験できるでしょう。

●パリでの食事を知ろう

パリと言えばカフェでしょう。
せっかくなので、テラス席に座ってみましょう。席に座っていればウェイターさんが来ます。
真冬にコートを着てテラス席にいる人の多いこと!

ミシュランの三つ星店からリーズナブルな店まで多種多様です。現地の料理の量は多いので、無理に食べる必要はありません。ナイフが止まっていれば、ウェイターさんが下げていいか聞きに来ます。

昼食べ過ぎちゃったから、夜は軽めでいいというときは、テイクアウトはどうでしょう?パレガルニエ近くにあるギャラリー・ラファイエット百貨店の総菜売り場などがおすすめです。

せっかくパリに来たのに日本の食事かよ、と言うかもしれませんが、食べたくなるもの。多くがパレ・ガルニエ近くの日本人街にあります。鮮度の怪しい寿司屋もあるので注意!

●パリでのショッピングを知ろう

パリでの高級ブランド店は上述シャンゼリゼ大通り周辺に多く立地しています。免税手続きの際にパスポート番号を聞かれる場合もあるのですぐ出せるようにしておきましょう。

プランタン・オスマン本店やギャラリー・ラファイエットはパレガルニエ近くにあります。両デパートとも、日本語デスク有り。

出典ameblo.jp

パリの主要部には必ずあるスーパーマーケットMonoprix。おみやげを安く仕入れるのにおすすめ。レジでは自分で商品をコンベアに乗せる。買い物袋は特に言わない限りくれないので注意。欲しい場合、レジ近くで探すか、なかったら店員さんにジェスチャーと「plastic bags?」とか言ってもらいましょう(有料です)。

●これだけでいい!フランス語

パリ中心部では英語が多く通じます。英語はちょっとと言う方も、チケットプリーズなどぐらいで事足りるので問題ありません。それでも、コミュニケーションを円滑に進められるコツなので少しだけ紹介します。

Bonjour(ボンジュール):こんにちは
  Bonsoir(ボンソワール):こんばんわ

ブランド店に買わないのに入ってはいけないと思っている人もいますが、入店時する挨拶一言で対応は全然違います。

S'il vous plaît(シルヴプレ):お願いします

英語のpleaseです。メニューをさしてこの台詞。切符を買うときもこれ。Un cafe, s'il vous plaît(コーヒー1つ下さい)のように使います。

Merci(メルシ):ありがとう

料理を持ってきてもらっても、扉を押さえてもらっても、店を出るときもこれ一言で万事OK。

1 2