1. まとめトップ
  2. 雑学

【5分で分かる】マツコ・デラックスという男

マツコ・デラックスさんについて簡単にまとめてみました。

更新日: 2012年12月09日

355 お気に入り 877697 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

00mashimashiさん

マツコ・デラックス(男性、1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント。所属事務所はナチュラルエイト。千葉県立犢橋高等学校卒業。放送大学教養学部在学中。

5分で分かる マツコ・デラックスという男

出典purin.to

高校時代の卒業アルバムより

最初に化粧をしたのは小学生時代。西日が差す部屋で、母が使っていた古い鏡台の前で自分で紅をさした

その時の心境は「楽しさ半分、なんで自分はこんなことをしてるんだろう」

「異邦人」(いほうじん)は、久保田早紀の曲。作詞・作曲とも久保田による。1979年10月1日発売のデビューシングルのタイトル曲で、カップリングは「夢飛行」。
三洋電機のカラーテレビ「くっきりタテ7」のコマーシャルソングだった。後に同社の太陽光発電システムのCMにも再使用された。

木村がマツコと同級生だと知ったのはごく最近。40キロ以上も太った事と、事務所がイメージダウンを恐れ、情報を公開してこなかったため気がつかなかったらしい

高校2年の頃、修学旅行のバスの中でテレサ・テンの『つぐない』を歌う。あまりに上手くてオンステージになる

「つぐない」は、1984年1月21日に発売されたテレサ・テンの14枚目のシングル。発売元はトーラスレコード(のちに解散。現在はユニバーサルミュージックから発売)。
第17回日本有線大賞、および第17回全日本有線放送大賞(年間)で、テレサ自身初となる東西有線大賞でグランプリ2冠受賞を達成した。

高校卒業後、男社会の組織の中に入りたくなかったため、美容師のインターンになる

その後「己はなんぞや」と追求するためにゲイ雑誌『バディ』(テラ出版)で編集者となる

ペンネームは本名の「マツイ」から「マツコ」と呼ばれ、その後インパクト性に欠けるという理由から後ろに「デラックス」をつけた

他の候補は「マツコ・ロワイアル」、「マツコ・インターナショナル」など

本業の傍ら、コミック系ドラァグクイーンとして各種ゲイイベントで笑いを提供する

ドラァグクイーン(英: drag queen)は、男性が女性の姿で行うパフォーマンスの一種。
ドラァグクイーンの起源は、男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやハイヒールなどの派手な衣裳を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。

引きこもり中、父親に「働かざるもの、水を飲むべからず。」母親に「あなたの部屋はないわよ」と淡々と言われるも追い出されることは無かった

女装は、あくまでも趣味である。そのため、男装をして街中を歩くこともあり、その時はあまり気づかれない

井上 裕介(いのうえ ゆうすけ、1980年3月1日 - )は、日本のお笑い芸人であり、NON STYLEのツッコミ担当である。相方は、石田明。立ち位置は右。
愛称は「いのちゃん」、「いのっち」、「レジェンド」、「Day様」、「鳥肌製造機」、「無免許ナルシスト」。

好きな食べ物は白米。ココイチのほうれんそうチーズ納豆カレー(よく出前を取る)。麺類

好きなスポーツはフィギュアスケート。浅田真央がこれまでに滑った演目や衣装、コーチの名前を全て覚えている

1 2