1. まとめトップ

別のネットワークにあるiTunesライブラリを聴く方法

RendezvousProxyというソフトを使えば、別セグメントにあるiTunesで共有している音楽を、手元のiTunesで聴くことができます。

更新日: 2013年01月18日

1 お気に入り 2736 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shakujiさん

仕事に勉強に集中に、iTunesは手放せませんね。
私もそうです。仕事場のDesktop PCには、手持ちの音楽ほぼ全てを突っ込んであります。

でも、実際に仕事にばりばり使っているのはMacBook Airのほうだったりします。
実際に集中したいときは、MacBook Airを片手に、社内のカフェや会議室に出かけていったりもします。
こんなとき、母艦の音楽ライブラリを聴いて集中したいところですが、ネットワークが違うので、手元のMacBook AirのiTunesには母艦の共有音楽は出てこないのです。
Airに大量の曲を突っ込むのもちょっと違いますし。
Google Musicも使ってますけど、どうにもUIがまだまだです。

そんなあなた(わたし)に。

iTunesの音楽共有の仕組み

iTunesは、Rendezvous (ランデブー, 当初の名前はBonjour) という「うまいことネットワーク上のサービスやパソコン同士を結ぶ仕組み」を用いて、daapという音楽データ共有プロトコルで楽曲データをネットワーク上に公開し、配信し、受け取ったりしています。

iTunesにこの機能がついた当初は、ネットワークが届くならどこまでも♪ というノリで、相手構わずじゃんじゃん配信、そしてまた それを聴けたりしていましたが、さすがにこれって無断放送とほぼ同じじゃんおいおい… と物言いがつき、同じネットワークでしか共有できないように制限されました。具体的には同じサブネットでのみ配信・受信ができます。

僕の場合、音楽データがいっぱい入っているiTunesは、有線LANセグメントにつながったWindows PCです。いっぽう、いつも手元にあるMacBook Airは、当然無線LANセグメントにいます。
ネットワークセグメントが違います。なので母艦iTunesで共有している音楽は、AirのiTunesからは見えませんし聴けません。

そんなあなたにRendezvousProxy

(相手がOS Xマシンだったらssh tunnel張れるんだけどな) (相手Windowsでもcygwin入れれば…)
といった手もありますが、簡単一発ソリューションがあります。

共有音楽を「聴きたいほう」の、手元マシンにRendezvousProxyというソフトを入れるだけで、別セグメントにあるiTunesの共有音楽をさくっと聴くことができます。

(その別セグメントのネットワークまで、手元から到達できることが必要です)

インストール

RendezvousProxy: Download
http://ileech.sourceforge.net/index.php?content=RendezvousProxy-Download

にアクセスして、
Rendezvous Proxy v0.21 for Java (Binary - Dec 16, 2003)
をダウンロードしてください。

このページの上には
Rendezvous Proxy for Mac OS X v0.11 (Binary - May 31, 2003)
としてバイナリも用意されていますが、これは残念ながらPowerPCバイナリです。
さすがにもう… PowerPCバイナリが動くマシンで暮らしているひとは、いませんよね。

ダウンロードした RendezvousProxy-0.21.zip をダブルクリックなりして、展開します。

展開して出てきた RendezvousProxy.jar が (丸めて言えば) プログラム本体です。
必要なのはこのファイルだけです。

設定

RendezvousProxy.jar をダブルクリックなどすれば、 RendezvousProxyが起動します。

最初に起動した画面はこんな感じです。
さて、設定していきましょう。
画面左下のAdd Hostをクリックします。

Add New Hostというウインドウが開きました。
ここにある記入欄に設定を入れていけばOKです。

[IP Address]
音楽共有している、つまり音楽がいっぱい入っているほうのiTunesが動いているパソコンのホスト名、あるいはIPアドレスを指定します。

[Port]
3689 を入れてください。

[Host Label]
iTunes共有元の名前ですが、何でもいいです。
My iTunesとでも入れておいてください。

[Service Text]
上の設定同様、iTunes共有元の説明文ですが、これまた何でもいいです。空欄でもOK.

[Service Type]
プルダウンメニューになっているので、
_daap._tcp. (iTunes Host)
を選択しておいてください。


できたら、画面下の「Add」をクリック。

あとはお楽しみください

さて、では、手元マシンのiTunesを再起動とか起動とかします。
しばらくしたら、手元のiTunesの左側に、母艦の音楽共有が出てくるはずです。
お楽しみください!

作業のために集中できる音楽をお探しのあなた

ちなみに、作業のために集中できる音楽をお探しのあなた、こちらのまとめもぜひどうぞ!

追記: コマンドラインでもできます

OS Xのコマンドライン操作が平気な人なら、追加ソフト(RendezvousProxy)なくてもできます。

dns-sd -P '適当な名前' _daap._tcp local 3689 適当なホスト名.local 共有を受けたいiTunesが動いてるホスト名またはIPアドレス ''

1