1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

海外旅行に行く人がすべき手続きを時系列順に【出発前編】

初めて海外に行く人向けに、必要な手続きをまとめました。基本的には旅行代理店で教えてもらえることばかりですが、便利なサイト等もリンクしたので、初めての海外旅行の方以外にも備忘録的にお使い頂けます。

更新日: 2012年11月18日

282 お気に入り 38973 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

何はともあれこれがなければ始まりません。

パスポートには5年用と10年用がありそれぞれ申請には11,000円、16,000円かかります。
10年用をとれるのは20歳以上の人のみです。

申請から1週間程度で受領できます。

パスポートがとれたらまず取りたいのが航空券チケットです。

航空券は早く予約すれば予約するだけ割安な値段で発券できます。また日にちや行き先によって値段が異なることから、予算との兼ね合いで滞在する日にちやホテルなど詳しい予定を決めると良いでしょう。

航空券を予約したら次に決めたいのがホテルです。前もって予約することで安い宿泊料金で泊まれます。

基本的に観光目的の場合、利便性を優先し市街中心部や駅近くを予約するといいと思います。

予算との兼ね合いになりますが、初めての海外旅行の場合三つ星以上のホテルを選ぶと安心です。安いホテルの場合、治安の悪い地域にあることも多いので注意。

日本国民が観光目的で入国する場合、多くの国でビザは不要です。

ただ、ビザがないと最悪入国できないことから、自分の目的地が手続きを必要とするか確認すべきでしょう。必要な場合、数千円の費用が発生することがあります。

アメリカの場合別途ESTAという手続きが必要です。

すでに持っている方も多いと思いますが、海外旅行にクレジットカードは必須といえるでしょう。

例えば、緊急に帰国しなければならなくなった場合十万円以上する航空券を買えるだけの現金を持っているでしょうか?そういった場合もカードがあれば安心です。

持っていない方は申請から取得まで時間がかかることも多いので、早めに作っておきましょう。

海外ではPINコード(暗証番号)の入力を求められることが多くあります。出発前に確認しておきましょう。

旅行が無事に済むにこしたことはないのですが、そこは海外旅行。何が起こるか分かりません。
特に気をつけたいのが現地で病気をして入院や手術を行った場合です。数百万から数千万円の治療費を請求される場合もあります。加入しておきましょう。

クレジットカード付帯の保険もありますが、治療費の保障が安かったりして、高額な医療費をカバーしきれないものが多いです。

自分の携帯電話の通信方式が現地での通信方式に対応していれば使えます。ただ、キャリアによって別途手続きが必要な場合もあるので確認しておきましょう。また、その時に自分の携帯での海外設定も確認しておくと確実です。

現在使っている携帯電話が現地通信方式に対応していない場合、レンタルを利用する手があります。

いかにクレジットカードがあろうとやはり現金は必要です。両替は銀行や空港、金券ショップで行える他、FXサイトを利用するという手もあります。

成田や関空は市街地より離れた部分にあります。自分が空港から遠い位置に居住している場合、確認しておくべきです。一般に国際線の場合、航空機の出発2時間以上前に空港に着くのが良いとされています。

成田エクスプレスを利用される方は海外旅行者向けにNEXクーポンが販売されており、最大約半額で乗ることができます。

1 2