1. まとめトップ

たった7つのことを守るだけ【薄毛予防・対策】今から出来る

中高年男性だけではなく、今では20代・30代の男性。また、女性の方までも薄毛に対する悩みが増えています。薄毛の原因を早く突き止めて予防・対策するために勉強しましょう。

更新日: 2012年11月17日

ウナビーさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 331044 view
お気に入り追加

そもそも薄毛の原因って?

薄毛とは何らかの原因で髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなり、その結果、「髪の毛が薄くなる」といった状態になることですが、いったいなにが原因で薄毛となるのでしょう。 薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。「遺伝」「男性ホルモンの影響」「食事・生活習慣」「精神的ストレス」これらの薄毛原因が複雑に絡みあった結果、髪が抜けたり細くなるのです。この4大原因からみると、どの人にも薄毛になる可能性があるということがわかります。

ということは、年齢・性別関係なく薄毛になる可能性はあるので、若い内から予防・対策することを心がけましょう。

予防・対策① 髪の毛の手入れを怠るな!

低コストの薄毛対策予防の方法として、頭皮をマッサージするやり方があります。頭の地肌をマッサージすることで血行がよくなり、髪の成長を助ける効果が期待できます。マッサージはおすすめです。また髪と地肌を清潔に保つことも抜け毛予防には大事ですので、シャンプーをしながら、同時にマッサージをすることはかなり効果があります。

ただ単に荒い過ぎるのもよくない。なぜなら、必要な皮脂まで荒い流されてしまうからである。

予防・対策② 睡眠と薄毛に関係ある。

髪の毛が成長する時間帯は、午後10時から午前2時の間です。この時間帯が、新陳代謝が最も活発になります。古い細胞が新しく再生されやすいのがこの時間帯です。

大切なことは、新しい細胞を生み出しているこの時間帯に、しっかりと睡眠をとることです。薄毛の予防にはまずは午後10時には寝ることが大切です。

予防・対策③食生活に気をつけましょう!

"断食や偏食ダイエットを繰り返し実施してしまいますと、当たり前ですが身体に必要な栄養分が摂取出来ません。

人間の身体というのは食物から摂取することの出来るアミノ酸やタンパク質、さらにはミネラル、ビタミンなどの栄養分を取り込むことで様々な身体機能を保持していくことが出来るので、栄養不足になってしまうと、身体に悪影響が及んでしまうのです。

予防・対策④ストレスを対処すること

ある種のアミノ酸が不足するとストレスを強く受けやすい体質となる。

だから無茶なダイエットなどしているとアミノ酸不足となり、ストレスに弱くなってちょっとしたことでも大騒ぎしたり負けてしまう。

ストレスに弱い人はお茶を飲むといい。(とくに理気健康茶がいい)お茶の中にはストレスに強いアミノ酸が含まれており、お茶を飲むことで体や心の緊張もとけ、リラックスできる。

運動や趣味に時間を費やすことも重要ですよね!

予防・対策⑤何気なく吸っているタバコが原因

ニコチンは血管を収縮させてしまう働きがあり、これによって、血行の流れが悪くなり、栄養が身体に運ばれなくなって、薄毛へとつながっていきます。
薄毛を治したい方は、ニコチンとは逆に、血管を拡張させる成分が含まれている育毛剤を使うことをお勧めします。

予防・対策⑥新陳代謝を良くすることが大事

発毛を促進するためには、頭皮の血行を促進して、 新陳代謝を活発にする方法がいいといわれます。
血管を広げて血行を促進するためには、サウナやストレッチを利用することが効果的で、発毛促進にも有効な方法です

予防・対策⑦発毛剤・育毛剤に頼る!

なるべくお金をかけずに発毛・育毛したいですが、やはり限界もあります。その時はこのようなものに頼ってみるのもありです。ただメリットだけでなくデメリットもあるので気をつけましょう。

発毛剤・育毛剤・発毛促進剤の違い
●養毛剤:脱毛を防止し、毛髪を保護する。
●育毛剤:毛髪の成長を促す。
●発毛促進剤:毛母細胞の働きを活発にし、毛髪が抜け落ちた後に、新しい毛髪が生えてくる手助けをする。

「養毛剤」「育毛剤」に関しては、現存する毛髪に影響を与え、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を促進させる。
「発毛促進剤」になると、新しく生まれてくる毛髪に影響を及ぼすと、捕らえていいのではないでしょうか。

1





ウナビーさん

はじめまして。
ご覧頂きありがとうございます。
気になったことやためになる情報をまとめていきます。