【マンハッタンの住所表記】


1.南北に走る道は、東から順に 
"1st Avenue"~"12th Avenue"(条)

2.東西に走る道は、南から順に 
"1st Street"~"215th Street"(丁目)
3.Avenueの番地は、
通りの東側の建物が奇数、西側が偶数

4.Avenueの番地は、
  北に進むごとに数字が大きくなる

5.Streetの番地は、
通りの北側の建物が奇数、南側が偶数

6.Streetの番地は、マンハッタンの中央を南北に貫く

 5th Avenueを中心(1番地)として、
 西側はW (Westside)、東側はE(Eastside)を
 番地の後ろにつける。
1ブロックごとに100号ずつ大きくなる。

出典263丁目? 0丁目? アメリカの住所表記

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

おすすめ映画【旅行に行く前に見よう】ニューヨークを舞台にした映画まとめ

文化の発信地として、歴史の舞台として、多くの魅力を持つ街、ニューヨーク。映画によく登場する理由は、物語の舞台にしやすいからだけではありません。市が行政として、撮影許可を出し、警察官の派遣や道路の閉鎖などを行っているのです。国際都市が世界へアピールする姿勢として、見習いたいですね。

このまとめを見る