1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

成功の影に失敗あり!偉大なアップルの失敗作まとめ

今をときめくApple(アップル)ですが、成功の影には失敗した作品もあります。アップルの墓場に眠る(?)製品をまとめます。

更新日: 2012年12月08日

161 お気に入り 75880 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

randoseruさん

2010 - 2012

SNSというよりは購入ガイドのようなものだったと評される。過去数年間におけるアップルの失敗の1つと考えられている。

2007 -

Apple TVは、アップルが開発・販売するセットトップボックスである。2006年9月12日にコードネーム「iTV」として発表された。

家庭内でビデオ・コンテンツをiTunesからテレビへ無線LANあるいは有線LANを通して配信することができる他、YouTubeの映像も見ることができる。また、2008年1月15日より、iTunes Storeから直接コンテンツを購入したり、映画のレンタルもできるようになった。

-- Wikipedia

Appleはこの製品をあきらめることを断固拒否していることを考えると、これを失敗作と呼ぶには気が早いすぎるかもしれない。しかし、このろくでもないものが今後注目されるようになるとは全く思えないのである。

http://www.forevergeek.jp/

2007 - 2009

「Bluetoothヘッドセット」は、製品名がクールではなかった。それが2年しか続かなかった理由だろう。あるいはオリジナルのiPhoneイヴェントで発表されたため、目立たなかったということも理由かもしれない。

http://wired.jp/

2006 - 2007

iPodスピーカードック市場を狙った商品。iPodブームに乗ることができなかった・・

2005 - 2006

Motorola社と提携して製作した携帯電話。iPoneの大ヒットにより失敗が忘れられている。

2004 - 2012

名前はソックスだが、iPodのケース。カラーのバリエーションが揃っていた。

1998 - 2000

平らで丸いデザインはエレガントでスタイリッシュであるはずだったし、2色のプラスチックは見やすいことを目的としていた。しかし、それは結果的にひどい見た目になってしまった。

使用する時に回転しやすかったし、その小ささは実用的ではなかった。Macのマウスとしては初のUSBコードが短すぎた。

http://www.forevergeek.jp/

1997 - 1998

1997年に登場。iMacをイメージさせるエレガントで直立したデザイン。しかし、価格は$7,499!

1万2000台限定販売のApple20周年記念モデル。

どこがワーストなのか?を考えると、(15インチCRT一体型のPower Macintosh 5500/225と同スペックでしたが)その価格は88万8000円! ということでしょうか?

http://www.applenoir.com/

1996 - 1997

バンダイとのコラボ商品

「廉価なMacintosh」「PCへの入門機」という側面を強調していきたいバンダイに対し、アップル社側が全く非協力的であり、販売台数は振るわず、1997年3月期には65億円の赤字を生み、1997年5月12日には製造を中止。

-- Wikipedia

Cyberdog (サイバードッグ) は、OpenDocコンポーネント形式のインターネットスイートソフト。

Webブラウザ、メール、News Reader、Gopher、FTPクライアント、アドレスブックなどの機能を内包している。

-- Wikipedia

1994 - 1997

デジタルカメラの黎明期を代表する製品

1997年、スティーブ・ジョブズのアップル復帰による不採算事業の整理に伴い、アップルはデジタルカメラ事業から撤退した。

-- Wikipedia

1994 - 1996

オンラインサービス。メールや掲示板サービスなどを利用できた。高価だったことや、マーケティングの失敗により、商業的には成功しなかった。

http://en.wikipedia.org/wiki/EWorld

1993 - 1998

ニュートンは主に次の二つの理由で商業的には失敗したと言える。一つは高価であった(2000型および2100型は1000ドル近くした)ことと、もう一つは大き過ぎた(標準的なコート、シャツ、パンツなどのポケットに収まる大きさではなかった)ことである。また評論家はその手書き認識についても酷評した。

-- Wikipedia

1 2