1. まとめトップ
  2. おもしろ

【最強のGK】オリバー・カーン伝説

ドイツサッカー史に残るGKの一人。日韓ワールドカップでドイツ代表を2位に導く大活躍でMVPを獲得。

更新日: 2014年01月17日

227 お気に入り 533405 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hardhiterさん

恐怖の説教

ワールドカップ予選の試合後に、ロッカールームでチームディフェンダーを3時間も説教したという

バスに乗った他選手も、怖くて先に帰ることができず、宿舎に着いたのは午前2時だったそうです。

猛烈な完璧主義者

チャリティーイベントに参加したカーン。子供がシュートしてゴールが決まるごとに6万円を寄付するという内容。しかし、カーンは相手が誰だろうとゴールを割らせるつもりはない。次々と繰り出される20人の子供達のシュート ! ! !
ところが、カーンはただの1本のゴールも許さなかった。

続きがあって、最高で120万円になる寄付金は、カーンが全額支払ったらしいです。

ゴリラ!?

ゴリラに似た風貌のため、本国では対戦チームのファンから、バナナを投げられたりする。
やけくそで最初は投げられたバナナ食べてたけど、
「毒か何か入ってるかもしれないからやめれ」と注意されてやめた。

入団試験には次々落ちる

16歳の時にはクラブチームの入団試験にことごとく落ちる。カールスルーエに入団するまでは筋力トレーニングなど雌伏の時期を過ごした。カールスルーエでは数年かかって正GKの座を確保した。

女の子に弱い!?

日本で親善試合をした時のこと。
ファンの女の子たちの、キャーキャー言う声に照れ照れになって、
試合に集中できなくなってしまっていた。
「本国じゃ怖がられてたから…」とのこと。

戦争と同じ!?

現役時代の後悔は!?

カーンのW杯で優勝できなかったこと以外のただ一つの後悔は、リーグ戦で得点を決めることができなかったことである。

カーンの名言

限界があるのはわかっている。そんなこと問題ではない。
限界がくるまでどれだけ完全燃焼できるかが重要なんだ。

不安に押しつぶされる選手もいるが俺は不安だからこそ動けるんだ。
プレッシャーこそ俺を突き動かす原動力なんだ。

誤審? 関係無い。全部俺が止めればいいんだ

日韓W杯の韓国戦の前です

GKにどれほどのストレスが溜まるか、甘く見てはいけない。走ることもできないし、ゴール前にただ突っ立っているだけなのだから。

勝負が人々の心を掴むのは、時に素晴らしい敗者が生まれるからだ。

美しい名場面

豪快なパンチングでゴールを決めています。もちろんカードが出されます。

ドイツサッカー史に残る成績

世界最優秀ゴールキーパーを3度、UEFA最優秀ゴールキーパーを4度受賞した名キーパー。

、ブンデスリーガで優勝8度、ドイツカップで優勝6度、チャンピオンズリーグで1度優勝している。

2002年日韓ワールドカップでは準優勝に貢献、大会最優秀選手(ゴールデンボール賞)となった。キーパーでこの賞に選ばれたのはカーンだけである。

1 2