生物の痕跡と非生物の痕跡とに分類する数学的手法を用いて、1976年、NASAが火星に送り込んだ探査機が収集したLR実験のデータを解析した結果、LR実験は火星の土壌から微生物の痕跡を確かに発見していたとの結論に達した。

出典ニュース - 科学&宇宙 - 火星の生命、30年前に発見?(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

標識放出(Labeled Release:LR)装置による実験

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【NASA】火星に生命体(宇宙人?)を発見していた【画像有】

NASAのデータを新たに分析したところ、30年以上前のロボット探査ミッションにおいて、火星に微生物が存在する痕跡が見つかっていた可能性が示唆された。

このまとめを見る