醸造酒(じょうぞうしゅ)とは、原料を酵母によりアルコール発酵させて作られた酒。蒸留などの作業を経ずに、基本的にアルコール発酵させたままの状態で飲まれるものをいう。

一般に、蒸留酒に比べアルコール度数は低い。これは、アルコール発酵を行う微生物が、自らが作り出したアルコールによって活動を阻害されてしまうことに由来する。

出典醸造酒 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

蒸留酒?醸造酒?第3のビール?お酒の基本知識

多くの人が何気なく飲んでいるお酒。蒸留酒だから、度数が高いだとか、チューハイは原価が安いだとかと耳に挟んだことがある方も多いのではないでしょうか。その理由も分かるお酒の基本知識についてまとめました。

このまとめを見る