1. まとめトップ

海外旅行に行く人がすべき手続きを時系列順に【空港到着後編】

”海外旅行の手続き時系列順に”の反応が比較的良かったので、第二弾を作りました。適宜、情報の追加・修正を行います。

更新日: 2012年11月19日

91 お気に入り 11195 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

空港に着いたら、航空機のチェックインをしましょう。チェックインカウンターは航空会社(または航空グループ)ごとに分かれており、液晶ディスプレイにどの便がどのカウンターで受付しているか表示があります。

チェックイン時に必要なものは、パスポート、eチケット、マイレージカード(あれば)、機内預け入れ荷物です。
チェックインがすむと、搭乗券をもらえます。

事前にWEBや自動チェックイン機などでチェックインがすんでいる場合、ここで行うのは荷物を預けることのみです。

出国前に、手荷物と身体のセキュリティチェックがあります。
また、パスポートと搭乗券を提示する必要があります。

初めての方は気をつけることが多いので以下にまとめます。

うっかり、はさみやカッターを筆箱の中に入れていると没収となります。事前に機内預け入れ荷物に入れておきましょう。

パソコンなどの電子機器類は鞄から出してセキュリティーゲートを通過しましょう。X線検査で得体の知れないものと見なされると、再検査となり時間がかかります。

2006年、英国での航空機爆破テロ未遂事件以降、液体類の持ち込みは厳しく制限されています。機内に化粧水などを持ち込みたい場合、ルールに則って行う必要があります。

セキュリティゲート通過後に購入した液体類(免税店で買った酒など)の機内持ち込みは可能です。ただ、乗り継ぎなどで複数回飛行機に乗る必要のある方は乗り継ぎ空港で、再び没収の可能性があるので注意。

(3)

高額な貴金属、腕時計や多額の現金を国外に持ち出す場合、別途申請が必要になります。
高価なものを持ち出すケースは少ないので、通常不要です。
持ち出す場合で申請を行わないと、帰国時に外国で購入したものと区別できずに課税されることがあります。

日本をいよいよ出国します。パスポートにカバーをつけている方はカバーを取って列に並びましょう。

搭乗券、パスポートを持って審査を受けます。スタンプを押され出国完了です。

審査場付近は写真撮影禁止です。はしゃいで撮らないようにしましょう。

搭乗券に記載された、”搭乗口”の番号に従い、出発ゲートに向かいます。空港内を電車で移動するケースもありますので余裕を持って、行動しましょう。

搭乗はビジネスクラスや上級会員、プライオリティ(小さい子供がいる人など)から案内されます。

時間に余裕があれば免税店でお買い物もいいですね。
直行便なら問題ないですが、乗り継ぎ便の場合、乗り継ぎ先でお酒、香水等液体類は没収されることがあるので再度注意。

関連

1