1. まとめトップ

年末調整に必要な書類と控除の種類

そろそろ年末調整の時期です。必要な書類や各種控除の意味などをまとめました。

更新日: 2013年10月28日

19 お気に入り 58296 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

investaさん

年末調整って何?

年末調整というのは、サラリーマンの方が源泉徴収された税金を正しく計算し直すことを指します。会社がやってくれるもので、払いすぎた税金が還付されることが多いです。
その時には、税金を控除することができる生命保険料控除や住宅ローン控除などが代表的です。こうした控除があると戻ってくる金額がさらにおおきくなります。

生命保険料控除

支払った保険料のうち一定額を所得から控除できるというもの。保険会社から送られる証明書(はがきサイズ)が必要です。

住宅ローン控除(減税)

借りている住宅ローンのローン額の一部が控除(減税)される仕組み。実は住宅の取得年度(居住年度)などでずいぶんコロコロと制度が変わっているのでややこしい。
勤務先に住宅借入金等特別控除証明書、申告書、借入金の年末残高等証明書の三つを提出する必要があります。あと、初年度については税務署で確定申告が必要(2年目から年末調整OK)

個人型確定拠出年金の掛け金(小規模企業共済等掛金控除)

個人型確定拠出年金に加入している方はその掛け金を控除できます。名目は小規模企業共済等掛金控除となります。生命保険料控除と異なり全額所得控除できるのはかなり大きいです。

配偶者特別控除

配偶者が一定金額以下で働いている場合に受けられる控除。いわゆる103万円の壁というやつを突破したパート、アルバイトの方でも給与が年130万円までなら受けられるというもの。
「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」を勤務先に提出する。

その他参考サイト

1