1. まとめトップ

【ブッダの言葉】サラっと読むだけで心がキレイになる【24の名言】

ストレスの多い現代社会、そんな時は昔の偉人の言葉をサラっと見てみよう。心が軽くなったり、明日も頑張ろうという気持ちになれるかも。

更新日: 2012年11月20日

rokka-kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1409 お気に入り 721811 view
お気に入り追加

学び

「以前には怠りなまけていた人でも、
 のちに怠りなまけることが無いなら、
 その人はこの世の中を照らす。
 ……あたかも雲を離れた月のように」

学ぶことの少ない人は
 牛のように老いる。
 彼の肉は増えるが
 彼の知恵は増えない。

今日すべきことは明日に延ばさず
 確かにしていくことこそ
 よい一日を生きる道である。

「目的が達成されるまで、
 人は努めなければならぬ。
 自分の立てた目的が
 そのとおりに実現されるのを見よ」

正しい教えを知らないで
 百年生きるよりも
 正しい教えを聞いて
 一日生きる方がはるかにすぐれている。

愚かな人にならないために

怨みは怨みによって鎮まらない。
 怨みを忘れて、
 はじめて怨みは鎮まる。

多く説くからとて、
 その故に彼が賢者なのではない。
 こころおだやかに、
 怨むことなく、
 怖れることのない人、
 かれこそ <賢者> と呼ばれる。

愚かな人は常に名誉と利益とに苦しむ。
 上席を得たい、
 権利を得たい、
 利益を得たいと、
 常にこの欲のために苦しむ。

ところで、
 この世で食物や飲料を(多く)所有している人は、
 たとえ悪いことを行っていても、
 彼は(愚かな)人々から尊敬される。

たとえためになることを数多く語るにしても、
 それを 実行しないならば、
 その人は怠っているのである。
 -牛飼いが他人の牛を数えているように。
 彼は修行者の部類に入らない。

旅に出て、もしも自分よりすぐれた者か、
 または自分にひとしい者にであわなかったら、
 むしろきっぱりと独りで行け。
 愚かな者を道連れにしてはならぬ。

「他人の過失を見るなかれ。
 他人のしたことと
 しなかったことを見るな。
 ただ自分のしたことと
 しなかったことだけを見よ」

善をなすのを急ぎなさい。
 善をなすのにのろのろしていたら、
 心は悪を楽しむようになります。

「わたしは愚かである」と
 認められる者こそ、
 賢者である。

人のことより、まずは自分から

先ず自分を正しくととのえ、
 ついで他人を教えよ。
 そうすれば懸命な人は、
 煩わされて悩むことがないであろう。

「その報いが、自分には来ないだろう」と思い、
 善行を軽く見てはいけない。
 水一滴の滴りも、つもれば水瓶をあふれさせる。
 心ある人は、小さな善を積み重ねて、
 いつのまにか、福徳に満たされているのである。

堅い岩が風に揺るがないように、
 賢い人はそしられてもほめられても心を動かさない。

おのれを抑えることと、
 多くしゃべらずにじっと考えることは、
 あらゆる束縛を断ち切るはじめである。

過去は追ってはならない、
 未来は待ってはならない。
 ただ現在の一瞬だけを、
 強く生きねばならない。

沈黙しても批判され、
 多く語っても批判され、
 少し語っても批判される。
 この世に批判されない者はない。

最大の名誉は決して倒れない事ではない。
 倒れるたびに起き上がる事である。

苦悩を乗り越えるための聖なる道は
 8つの部分からできている。
 正しいものの見方、正しい決意、
 正しい言葉、正しい行為、
 正しい生活、正しい努力、
 正しい思念、正しい瞑想である。

1





rokka-kさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう