中世のヨーロッパ。エリザベートは14世紀のハンガリー王妃。
70歳を過ぎるころから、老齢のために健康を害してしまいました。
そんな彼女のためにイタリアの修道院で作られた、いわゆるチンキ(ハーブをアルコールで漬け込んだもの)が献上されました。エリザベートは肉体的な健康を取り戻しただけではなく、
隣国若きポーランドの王子がプロポーズしたのです♡

70歳を過ぎた女性と20代の男性・・・!
このエピソードから、このローズマリーのチンキは
”ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)”と呼ばれ、”若返りの水”の別名を持っています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

不器用OK♡シワ、シミに!?ローズマリー軟膏

手作り(作る、っという程の工程でもないのですが笑)化粧品の楽しみは、安くて良いものが自分で好きな分作れちゃうところ!初心者さんも比較的簡単にとても万能のローズマリー軟膏についてまとめてみました。

このまとめを見る