1. まとめトップ

【応援せずにはいられない!】"日本"を良くする学生たちの活動まとめ

東日本大震災、終わりの見えない経済不況、社会保障問題、政治不信。激動する世界、何が正しいか分からない時代、この国を包む先の見えない閉塞感。そんな状況下にも拘わらず、アツい想いを持ち、実現したい未来を描き出すチカラを持った学生たちがいます!

更新日: 2012年11月21日

158 お気に入り 21354 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kattun_kさん

日本を創り継ぐプロジェクト ~"未来"をつくるひとになろう~

日本を創り継ぐプロジェクトは、日本全国の高校生と大学生が一同に会し、社会問題(テーマ)を7日間の合宿を通して解決するというイベントです。
アツい想いを持った、高校生、大学生、大学院生の参加者を募集中です。→http://www.tsukutsugu.net/index.html

テーマは「公共空間」×「日本の魅力を創る」。自らの想いを持ち、実現したい未来を描き出すチカラを持った若者を一人でも多く世に輩出するために。デザイン思考を用いて、日本の魅力を引き出せるような新しい公共空間のあり方について考えます。

社会課題の解決への想いを共有し、解決策をデザインすることを目的とし「ITと新社会デザインフォーラム」を共催していた(株)NTTデータと(株)野村総合研究所が2011年3月11日、突如として起こった東日本大震災をキッカケに、未來を創るために「今、何ができるのか」を考える「場」として開催した「日本を創り継ぐプロジェクト」。その意思を継ぐ学生たちが、2月に開催する第二回日本を創り継ぐプロジェクトに向けて活動しています。

One voice Campaign インターネット選挙運動解禁へ向けて

「インターネットと『新しい政治』
             ―その実現へ向けて」
「One Voice Campaign」が中心となり、民間のチカラを結集!総選挙に向けて11月29日(木)に緊急イベントを開催します。

その一声で、政治は変わる。
インターネット選挙運動解禁に向けてー
"NO VOICE"から"ONE VOICE" へ。
本当の民主主義と日本の未来は、
ここから、はじまります。

日本の20代の投票率の向上をmissonとする学生団体「ivote」や議員インターンで有名なNPO「ドットジェイーピー」、その他多くの有志の学生が、このキャンペーンを広めるために尽力しています。

20代の投票率向上を目指し、若手議員との飲み会などの企画やキャンペーンを行う学生団体。

議員インターンシップや未来国会(http://www.miraikokkai.com/)などの運営主体のNPO法人

学生団体コンテストSPIC2012                 ~キミは、こんなにも輝いている学生たちを見たことがあるか?~

団体名の由来は、おとめ座の星の1つ、「スピカ」。
スピカは1等星ですが、、実は5つの星からなる五連星であり、
星が互いに照らし合うことによって明るい1つの星のように見えます。
私たち学生も、自分だけの力ではできることが限られている場合があります。
しかし、仲間と共に磨き合う時、私たちは無限の可能性を手にしているのです。

今年の9月に発足した、学生団体コンテストSPIC。初開催にも拘わらず2ヶ月でたくさんのエントリー団体を集めるなどスピード感のある団体です。参加団体にはSFT,KING,Age,Youth for 3.11などの有名どころからSIBP、IdeaBOXなど進出気鋭の団体まで幅広く20団体。

“勉強したいと願うすべての子どもたちが勉強できる世界に” 中古教科書の回収・販売の利益を通して、途上国の子どもたちの学習支援をしています。

2011年3月11日に立ち上がった
学生による復興支援を行う日本最大の団体です。
学生の皆さんが足を運びやすく、
被災地にも喜んで受け入れてもらえる。
そんなボランティアプログラムを開発しています。

出典sibp.net

インドでのBOPビジネスを通して「百年後も、“日本企業”を世界に誇れる未来」を目指して、日本を元気にすることに貢献する。

学生シンクタンクWAAV ~We Are Another Vector~

学生シンクタンクWAAVは、日本のリーダーとなる学生に必要である社会体験の要素を、学生自身の視点で分析し、企画・提供する学生団体です。

学生のためのビジネスコンテストKING、学生のための政策立案コンテストGEIL、国際ビジネスコンテストOVALの三団体を統合する組織です。3団体は来年の夏に開催するコンテストに向けて1年を通して活動中。

国際学生シンポジウム ~より良い未来への、可能性の追求。 ~

思考の深まりを、私たちは「自らの思考の整理」「他人の意見の受容」「自らの思考の再構築」「次へつながる新たな問題意識や興味関心の発見」という四点から定義しており、この実現によってすべての参加者がその将来、「世界の諸問題を解決する」原動力へと成長していくことを目指します。

12月27日~12月29日かけて開催される、日本最大級の学生ディスカッションイベント。
教育、国際社会、日本政治、地域振興、環境など11の分科に分かれて議論します。

その他追加するべき活動がありましたら、@kattun_kまでリプライしてください。お待ちしております。

1