1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【ボサノヴァの創始者】アントニオ・カルロス・ジョビンが遺した名曲たち

彼の名は知らなくとも、彼の音楽を聴いたことがない人は居ないであろう、アントニオ・カルロス・ジョビン。世界中で愛されている彼が遺した名曲の数々を紹介します。

更新日: 2016年07月09日

50 お気に入り 95793 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

作曲家アントニオ・カルロス・ジョビンの人生

1927年1月25日 - 1994年12月8日
ブラジルの作曲家、編曲家、ミュージシャン。トム・ジョビン(Tom Jobim)とも呼ばれる。

20世紀のブラジル音楽を代表する作曲家

ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスなどとともに、ボサノヴァを創生した作曲家。彼の音楽は世界に多大な影響を与えた。

バーのピアニストをしながら作曲活動を開始

最初のヒットは、"Chega de Saudade(想いあふれて)"。ボサノヴァのはじまりの曲といわれている。

ジャンルを超越した、どこまでも美しい音楽

ボサノヴァの作曲家として知られていますが、クラシック、ジャズなど様々な文脈でも語られるアーティストです。

世界中のミュージシャンにジャンルを超えて広くリスペクトされ、影響を及ぼしている

影響を受けたミュージシャンを挙げ始めればキリがないほど、世界中の音楽家から愛される存在。

複雑な和音の構成音と、ときに半音でぶつかりあう不協和な旋律

非常に高度な音楽理論と感性に基づいて作曲された彼の楽曲は、美しい建築物にもたとえられました。

1994年12月8日、ニューヨークの病院で心臓発作のため死去

このとき、ブラジルは大統領令が発され、国民は3日間の喪に服した。
12月8日という命日はかのジョン・レノンと同じ日。

ジョビンが遺した数々の名曲…

ビートルズの"Yesterday"に次いでカバーの多い曲。アストラッド・ジルベルトの歌唱により世界的に大ヒットした。
"イパネマの娘"のモデルは、当時ジョビンが足繁く通っていたリオのイパネマ海岸のバー「ヴェローゾ」に母親の遣いで煙草を買いによく訪れていた少女エロイーザ。後にこのバーはこの曲にちなみ「ガロータ・ヂ・イパネマ」と改称された。

演奏はシンガーソングライターの原かのこ。

浮遊感のある美しいコード進行の名曲。曲名の意味は「音痴」。初めて"Bossa Nova(新しい潮流)"という言葉が歌詞で使われた曲であり、以後この種のジャンルの音楽をボサノヴァと呼ぶようになった。

演奏は日本を代表するボサノヴァ・ギタリストの中村善郎。

長年飛行機嫌いだったジョビンだが、海外公演などで搭乗せざるを得ない状況が続き、後年には飛行機嫌いを克服した。この曲はヴァリグ・ブラジル航空のCMソングとして作詞・作曲したもの。
リオ・デ・ジャネイロの国際空港はジョビンの死後に、彼の功績をたたえ"アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港"に改名された。

歌は小野リサと、ジョアン・ジルベルトの元妻のミウシャ。ギターはジョビンの息子、ピアノは孫。

非常に複雑な和音進行と、半音を多用した美しすぎる旋律で特にジャズ系のミュージシャンに人気の曲。別れた恋人との想い出をなかなか諦められない、という重く、オトナな歌詞。

歌唱はブラジルの人気ポップ歌手、ダニエラ・メルクリ。

その名のとおり、主題はひとつの音だけから成る、ユニークな曲。ひとつの音、というのは恋人の比喩。途中で他の音に浮気するけど、最後はまた元の音に戻ってくるというお洒落すぎる曲。

演奏はジャズボッサの代表的グループ、ジンボ・トリオ。

おいしい水って…もちろん、お酒のこと。気だるい雰囲気が心地良い。
このユニットはボーカルのパウラ・モレレンバウムとチェロのジャキス・モレレンバウムの夫婦が主体。

デュエットで歌われることが多い。一見意味のない単語の羅列に見える歌詞も詩的。ブラジルで3月は日本の9月に相当し、夏が終わる季節。そんな寂しさを漂わせる名曲。
動画はジョビン本人と、ブラジルの国民的歌手といわれたエリス・ヘジーナ。

夢の中を漂うような美しい名曲。この動画はジョビン本人に加え、ハービー・ハンコック(p)やロン・カーター(b)といった名手が勢ぞろいの演奏。

フェリシダージとは"幸せ"の意味。名作映画「黒いオルフェ」主題歌。「悲しみには終わりがなく、幸せには終わりがある」という切ない歌詞は、リオのカーニヴァルに参加するというほんの数日の幸せのために毎日必死に働いてお金を貯める人々の気持ちを歌ったもの。

コルコバード(リオ近郊の巨大なキリスト像に囲まれた丘)に住むシンプルな生活を夢見る男の物語。標高710メートルのこの丘は、美しく入り組んだ海岸を一望できるリオ・デ・ジャネイロの象徴。
演奏は日本のブラジル音楽ユニット、メヲコラソン。

この曲からボサノヴァの、アントニオ・カルロス・ジョビンの輝かしい歴史が始まった。
ジョビン本人による演奏。

ジョビンを深く知るための3枚

関連まとめ

1