1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

“氷上のプリンス”が意地の戴冠だ。男子フリーが行われ、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(ゆづる、19=ANA)がトップの191・35点をマーク。合計を282・59点としSP3位から逆転して初の金メダルを獲得した。SP首位の町田樹(たつき、24=関大)が自己ベストの

“反日”中韓も「羽生結弦」だけは別…アジアで人気、その魅力とは(産経新聞) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140301-00000527-san-spo

中国人のブログには「大嫌いな小日本め。すごすぎるんだ」との書き込みがあり、「かわいい、ベビーフェース、正統派…これらの形容詞は羽生のためにある」との中国人女性の意見を掲載する新聞の電子版もあったという

韓国では、韓国人女子フィギュア選手とのツーショット写真が流れたが、羽生に対する批判ではなく、むしろその女子選手の売名行為との指摘も。「まるで少女マンガのヒーロー」「笑顔が母性本能を刺激する」といった評価もあるそうだ。

リプニツカヤはニンマリ

 金メダル獲得直後、バンクーバー五輪に韓国代表で出場した女子フィギュアスケーターのクァク・ミンジョン(20)が、インスタグラム(写真共有SNS)に親密そうな2ショットをアップ、大騒ぎになった。これで火がついたわけではないだろうが、女子スケーターらが羽生との2ショットを競い合うように公開している。

レコードチャイナ:<ソチ五輪>美少年・羽生結弦に中国の「腐女子」もメロメロ... http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83578

羽生と韓国女子フィギュア選手の親密写真、中国ファンも興味津津「どんな関係?」「韓国人だけは…」―中国版ツイッター(Record China) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140218-00000032-rcdc-cn

都築さんに子供のころの羽生姉弟の写真を見せてもらうと、切れ長の涼しい瞳や、笑い方もソックリだ。2人ともお母さん似なのだという。
「性格もすごく似ていますよ。いつも冷静で、集中力が高くて、決めたことをやり遂げる自己コントロール能力も強くて……。しょっちゅうケンカもしていましたが“いいライバル”だったと思いますよ。 結弦くんはお姉さんに追いつきたくて頑張って、お姉さんは弟に負けないように頑張って……」
 
 だが経済的な問題もあり、両親は姉弟2人

小食なのではなく、胃腸が動き出すタイミングが他人より遅いだけだ」。口当たりのよいものを先に食べさせ、胃腸の働きが活発になるのを待つ作戦を取った。「食べないとダメ」という強迫観念を捨てさせ、「今日食べられなければ、明日食べればいい」と、心を解きほぐすことにも努めた。その結果、昨季まではシーズン後半に調子を落としていたが、今季は風邪も引かず、調子を維持できた。

「緊張しました…すいません、ホントに。やっぱりオリンピックはすごいって思いました。結果として、すごいうれしいなと思う半分、自分の中ではやはり悔しいと思うところが結構あるので。オリンピックで金メダルを獲って言うのも何ですけど、ちょっと悔しいと思います」。

フィギュアスケート男子は14日(日本時間15日未明)、フリーを行い、前日のショートプログラム(SP)で1位に立っていた羽生結弦(ANA)が280・09点を挙げて金メダルを獲得した。フィギュアスケートの日本人の金メダルはトリノ五輪の荒川静香に続く2人目で、男子としては初めて。今大会の日本チーム初の金メダルとなった。

 羽生は冒頭の4回転で転倒するなど、緊張がみられたが、高い加点が与えられる後半のジャンプを着実に決めて得点を伸ばした。

 ライバルでSP2位のパトリック・チャン(カナダ)は冒頭の4回転-3回転を決めたものの、続く4回転トーループやトリプルアクセルで手をつくなど冴えを欠き、275・62点

名前と似ていることから、神戸市東灘区の弓弦羽(ゆづるは)神社がファンの間で話題になっている。 境内には「納得の演技ができるように」「金メダルを取れますように」と活躍を願う絵馬が並んでいる。 同神社によると、神社名や「羽」や「弦」の字が同じことから、数年前からファンの注目を集め、 羽生選手に神社のお守りなどが贈られたことも。五輪出場が決定した昨年末以降、ファンが 駆けつけて絵馬を奉納するようになり、今では約50枚に上っている。 東日本大震災後の平成23年7月には仙台市出身の羽生選手も参拝し、絵馬を奉納しており、 澤田政泰宮司(60)は「すべてを出し切れば結果はお導きがあるはずなので頑張って」と 応援している。

韓国では、羽生のコーチがキム・ヨナの元コーチであるブライアン・オーサー氏ということも話題になっている。 オーサー氏が指導する日本の“新星”羽生が、SPで史上初の100点台を突破してトップに躍り出た。 コーチはオーサー氏とトレイシー・ウィルソン氏、 振り付けは6年間キム・ヨナを担当したデビッド?ウィルソン氏が務めている。 韓国メディアは羽生について、バンクーバー五輪でキム・ヨナを金メダルに導いた 「キム・ヨナ師団」から指導を受けていると伝えた。 羽生は試合で技術点54.84点に芸術点数46.61点の合計101.45点を獲得。 新しい採点方式の導入後、初の100点を超えた選手になった。 バンクーバー五輪の金メダリストのパトリック・チャン(カナダ)が97.52点で2位、 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が86.98点で3位となった。 一方、優勝候補に挙げられたエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)は腰の負傷で棄権した。

非公認ながら自身が持つ世界歴代最高得点を更新する103.10点を叩き出し、SP首位に立った。 2位は93.22点で町田樹(関西大)、3位は90.70点で小塚崇彦(トヨタ自動車)が入った。 羽生は冒頭の4回転トゥループをきれいに着氷させると、後半のトリプルアクセルなどもきっちり決め、 安定感のある演技で滑りきった。 一方、11月に右足すねを負傷した高橋大輔(関西大)は、冒頭の4回転トゥループを両足ながら 着氷してみせるがトリプルアクセルで転倒。最後のスピンでもバランスを崩し、やや精彩を欠いた 演技となり4位と出遅れ。あす22日に行われるフリースケーティングで逆転表彰台を目指す。 1位:羽生結弦(ANA) 103.1 2位:町田樹(関西大) 93.22 3位:小塚崇彦(トヨタ自動車) 90.7 4位:高

[6日 ロイター] -フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日、マリンメッセ福岡で第2日の競技を行い、男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦がフリーでもトップの成績。自己ベストを更新する合計293.25点をマークして初優勝した。

世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)が280.08点で2位。織田信成は3位だった。SP6位と出遅れた町田樹は合計236.03点の4位に巻き返した。

1 2