1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ここで差がつく!スーツ購入時に気をつけるべき「5つ」の事

ビジネスマンの必須アイテム、スーツ。消耗品だからとついつい適当に選んでしまいがち。ですが、買う時に気をつけるべき事を知っているかそうじゃないかで、肝心のスーツ姿が見違えるほど違ってきます。

更新日: 2012年11月24日

828 お気に入り 191130 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ty0911さん

1.合わせたい靴を履いていく

靴の甲の高さによってパンツの裾の乗り方が違うので合わせたい靴に合わせてお直ししてもらいましょう。

出来れば、スーツに合わせる靴をはいて行くのがベストです。

2.合わせたいシャツを着ていく

必ずシャツを少しジャケットの袖から出してください。シャツを着ていく事でこの点の確認ができます。

男性の場合、スーツの袖口からシャツの袖が1~1.5cm程度見えるのが最も美しいバランス。

スーツを買うときには、必ずシャツを着て試着しましょう。なぜならば、スーツの上着を着た感じや袖丈や襟まわりをシャツの出方を見るのに必要だからです。

3.必ず上下試着する

ジャケットだけで試着を終わらずに、パンツも履いて全体的なサイズ、着用感を確認してください。

必ずデパートなどで試着の上購入するようにしてください。

今は通信販売などで簡単に入手できる時代ですが、試着しないと自分にぴったりかどうか分かりません。

スーツを試着する時、とくかく動いて、着心地をチェックしましょう。前に屈んだり、横を向いたり、腕を上げたりと、想定される動作をして動きやすいか、窮屈でないかを確かめます。

4.前後のサイズも試着する

安易に自分の体型はM、Lなどと決めつけずに前後のサイズ感も確認してください。そちらの方がよりジャストサイズである事はよくあることです。

1つ上や下のサイズも試着して“肩がしっかり収まり、背中に横ジワの出ないもの”を選びましょう(袖丈は、ぴったりの長さに直してもらうのがおすすめです)。

ジャストサイズのスーツを選ぶ時に、最も大切なポイントは肩幅だ。スーツは肩で着ると言われるほどである。

5.合わせるシャツ、ネクタイも一緒に買う

それぞれのアイテムを別々に買い足して最終的にかっこいいコーディネートにするのはなかなか難しいので、スーツを買うと同時に合わせるシャツ、ネクタイも選んでしまいましょう。

スーツを購入されるときには、是非一緒にシャツ・ネクタイ・小物などのコーディネートも忘れずに!

同じブランドでスーツとネクタイを購入すると安心です。

違う場所や日時に気に入ったモノをバラバラに買っても、合わせるのはなかなか難しいため、出来れば同時に、購入するのが無難な方法です。

関連リンク

1





このまとめへのコメント9

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1