1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

actsanさん

ヤクザ式一瞬で「スゴい!」と思わせる人望術とは

長年、ヤクザを取材してきた著者が、豊富な事例をもとにヤクザ式の人たらし術を伝授する。

出版:光文社
初版:2012年9月

ヤクザもビジネスマンも、人望を集める人間は必ず、下の連中に内ヅラを見せている。

気づかいは、「ちょっとした」というところがポイントなのだ。

人間は"自慢したがり"で、自分のことが自慢できればベスト。自分自慢ができなければ上司や先輩自慢をしたりするものだ。

「いい人 + 恐い人」であるからこそ、親しみやすくて頼りになる

夢を掲げ、語り続けることで人間的魅力が出てくるのだ。

努力せずして人望が得られるほど、人間関係は甘くないのだ。

「あんただけに教えておこう」というひと言が、相手の心をわしづかみにする

部下に自慢することのない上司は、人望を得ることは難しい。

部とか課とかいう集合体があって自分があるんじゃなく、部下という個人があって自分があるんだ。

人望は、得るも失うも、自分の地位が上がったときがターニングポイントなのである。

「褒め言葉は第三者を介して伝えよ」

評判というやつは火事と一緒で、いったん燃えはじめたら、あとは勝手に燃え盛っていく。要は、最初の火をどうつけるか。

誰が紹介したかによって自分の値打ちが決まる

「人間、努力が何より大事。このことはヤクザもカタギも同じさ。」

可能な限り事前準備をしておくのが若い者の務めではないか

「稚気」とは「憎めない人間」という意味で、人望には不可欠の要素と言っていいだろう。

大事なことは、迷いと不安を下の者に絶対に見せんことや。

「人間、カネがあります、力があります、人望があります―と威張ってみたところで、病気にゃ勝てない。」

「人望なんざ、健康であってこその話だね」

関連リンク

1