1. まとめトップ

出産・新生児グッズで良かったもの【7月・夏生まれ男の子・通販中心】

7月に生まれた息子に、特に1ヶ月健診までの子育てでよく使ったグッズをリストしていきます。ほとんどAmazonで買いました。外出しにくい人の味方です。

更新日: 2015年02月01日

333 お気に入り 224800 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

xicakoさん

◆買ってよかった!

出産前は長期入院だったのでAmazonバンザイ

これがないと毎日困ります。いわゆる授乳枕です。
産んだばかりの頃はみんな抱っこが下手なので、これで少しでも赤ちゃんに快適に過ごしてもらいました。

柔らかくて気持ちのいいガーゼケット
何度洗濯してもヘタれないし、さわり心地も変わりません

このセットを青と黄色の色違いで2つ買いました。新生児は外出しないので、このまま寝かせてました。
お得で素敵。

ホニャホニャのときは首の皺で測ります。早く計測が済んでくれないと動いてしまって、正確な体温がわからなくて困るんです。
赤ちゃんは暑い寒いが言えないので、体温の状況で空調を調整しました。

モノクロによると、赤ちゃん用の粉ミルクは内容は基本的に変わらないそう。じゃあなんでもいいやと、一番オトクだったこれにしました。
今は完全母乳でしたが、最初の1ヶ月は混合だったので美味しく飲んでくれて良かったです。今も私が留守のときはこのミルクを飲んでいます。

病院で使っていたので購入しました。
シャンプーもボディーも全部これです。

私のホルモンバランスが崩れて敏感肌になったときも重宝しています。

見た目がとにかく可愛い!くちばしを押すだけで取り出せるのが嬉しいです。
ノンパラペン、ノンアルコールで肌にもやさしく、水分たっぷりで拭きやすいです。

ガーゼは何枚あっても助かります。
汗ばむ季節は、背中と腰に挟んであげてオムツのゴムかぶれや汗疹を防ぐことができます。汗による着替えの回数も減ることになります!

退院から今まで、ずーっと使っています。
新生児はこの中にクッションのようなお布団のような、インサートを入れて使います。
2歳になり体重が15キロを超えたため、親の腰が限界で使用をやめました。

抱っこ紐で真夏の外出は、赤ちゃんにも親にも苦行なのでこれを使いました。助かった〜。
冬にも重宝しそうです。

ベビーバスは1ヶ月しか使わないので、安くて簡単に捨てられるものを。モノクロでベストバイなのもあり、購入しました。
1ヶ月健診のあとは、私のシャワーの間お風呂場で座らせるために使いました。

母乳実感哺乳瓶を使う人には必須アイテムです。
ピッタリと乳首にスポンジが合うので、使ってて感心します。

新生児ではありませんが、2ヶ月くらいで買い、外出がとても楽になりました。
決め手は片手操作でたためて、広げられるところです。軽くはありませんが、片腕でも運べる重さなのも助かります。両対面式で、座面が高いので赤ちゃんに快適なのかなーとおもいます。

他にも通販をよく利用しました

◆出産時に必要な物は事前に準備

陣痛で苦しい時なんて、ペン持ったりメモ取ったりできません。あらかじめこのアプリをインストールして準備していました。

これのミニボトルセットを夫がサプライズで買ってきてくれて、本当に嬉しかったです。
入院中のシャワーが幸せタイムになりました。

入院中やNSTを取るときはなぜだか喉が乾きます。起き上がれないときは曲がるストロー必須です。

出産のときは冷たいものが飲みたいんです。
すぐに自販機で買えるように、旦那さんのお財布には百円玉を準備しましょう。

麻酔をかけるかどうか、好きな音楽をかけるか、立ち会いにするか、、、などなどよく言われます。人生で何度もある機会ではないので、きちんと希望を助産師さんに伝えましょう。
私は、脱肛や痔になるのが怖かったので、分娩台でお尻の穴をアルコール綿で抑えてもらいました。立ち会った夫は驚いていましたが、そんな事言ってられません。大成功!

専門の方のマタニティカイロを毎月受けていました。そのおかげかわかりませんが、陣痛開始から出産まで2時間未満という超安産でした。

◆家にあるものが便利グッズに変身

沐浴の最後に身体についたシャボンを落とすために、これに半分くらいお湯を溜めてザブーンと浸からせてました。サイズも丁度よくて、便利!

1 2