1. まとめトップ

【やせる?】骨盤ダイエット【やせない?】

簡単だと話題の骨盤ダイエット。ネット上の声をまとめました。

更新日: 2012年11月27日

29 お気に入り 37624 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

honor213さん

◆骨盤ダイエットとは?

骨盤周辺の運動を一日5分から10分程度継続すると、少しずつインナーマッスルが整い代謝が改善し、「太りにくい体質」へ変化するのが骨盤ダイエットの特長です。

◆骨盤枕ダイエットなるものも

「現代人のほとんどは、日常生活でゆがみグセがついてしまい、骨盤やろっ骨が横に開いて閉じにくくなっています。骨盤が開いていると骨格に沿ってぜい肉がつくほか、内臓の位置が下がるので、代謝機能が衰えて老廃物を溜め込む、太りやすい体形になってしまうんです。そんな開いた骨盤を閉じる簡単な方法が、枕の上に寝るだけでOKの、“骨盤枕ダイエット”です」

というのは、この本の著者であり「骨盤枕ダイエット」の考案者である福辻鋭記先生。

「骨盤ダイエット」も「骨盤枕ダイエット」も基本的には同じものなんでしょうか?

◆「ためしてガッテン」での検証

枕を使用しない骨盤ダイエットの検証をまとめたブログがありました。
20代から40代の女性に、2週間毎日20分骨盤ダイエットを実践してもらったというものです。

骨盤ダイエットの本に書いてあるのは、以下のような内容。

 ・開いた骨盤を、運動などで、締める。
   ↓
 ・すると、下がっていた内臓が、持ち上がる。
   ↓
 ・なので、お腹ポッコリが解消。
   ↓
 (さらに血流が回復して)
 ・基礎代謝がアップ。
   ↓
 ・これで、痩せやすくなる。

4人の方の結果ですが、以下のようになりました。

・体重は、-0.8kg、-0.7kg、-0.3kg、+0.1kg。
・基礎代謝は、4人とも下がった。

◆専門家の見解

骨盤ダイエットで局所の血流は変わるかもしれないけど、全身での基礎代謝を上げる効果は考えにくい。
科学的に検証して効果を認めた論文はない。

骨盤には関節があるので、若干は動く。でも、健康に影響が出るほどの変化は、まず起こらない。
そもそも、骨盤はズレたり開いたりしないように強く固定されている。まず、じん帯で、骨と骨のつなぎ目を固定。さらにその上から筋肉が張り巡らされている。
なので、骨盤が動くことがあったら、異常事態。“骨盤輪不安定症”という病気もある。
これは、歩行障害や激しい腰痛などを伴う症状です。

内臓は、筋肉や臓器の表面にある結合組織で、しっかりとつられている。
なので、わずかな骨盤の動きで内臓が落ちるとは、考えにくい。
下がっていた内臓が持ち上がるというのは、人体の構造上、考えられない。

◆ただし全否定ではなく

股関節の自由度を上げる効果や、骨盤の位置を変えることで腰痛などを防ぐと、期待されています。
その効果については、今回、否定するものではないそうです。

部分的に効果は認められるが、やはりこれだけでOKというものではないのかもしれませんね。

◆痩せたという人も多くいます

◆しかしこの方は…

いま
フジテレビ「なかよしテレビ」収録終了

骨盤を閉じると痩せると妄想している鍼灸師とのバトル

僕が檻から出てきて鍼灸師に襲いかかるコンセプト

アイスホッケー対英国戦に負けて機嫌がわるいので
鍼灸師かわいそうなことになっちゃったの

オンエアは再来週

物凄く面白いから
期待してね

YES! とは仰ってないようです。

1