1. まとめトップ
  2. ガールズ

パーティードレスの色はシーンによって変えていく

結婚式やクリスマス、忘年会に新年会。この季節はパーティーがたくさんあって、ドレス選びも大変。シーンに合わせて選ぶべきカラーをまとめました。

更新日: 2012年11月28日

496 お気に入り 270115 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pozurinkさん

友だちの結婚式やパーティーに着ていくドレス、色えらびに迷う…

結婚式に呼ばれたときは

花嫁さんとかぶってしまうのでやめておきましょう。

最近は気にしない人も多いようですが、喪服を連想させる色とされているので、ドレスだとおめでたい席には不向きとされています。

厚手の黒タイツもやめておきましょう。
黒ストッキングにしたいときは、ラメや模様の入った華やかなタイプを選びます。

じゃあ、どんな色を着ればいい?

洋装の場合、昼間は控えめに、夜は華やかにというのが基本。

若いときほど、カラフルな色を着るべき

ベビーピンクやブルーなどの可愛い色は、結婚式の華になります。
20代の女性だったら臆せずに着てみて下さい。

大人っぽく見せたいなら、濃い目の色をチョイス

ネイビーやバーガンディなど。

周りが自然の色であふれている、屋外での結婚式では、どんな色を着るのがいい?

ピンクや黄色の、明るく綺麗な色だと緑の中で映える

二次会だったら、小物の色も遊んでOK!
無難を選ぶより、自分らしさを大事にしましょう。

定番の黒はどう着ればいい?

出典cobs.jp

持っているフォーマルドレスの色を聞いたアンケートでは、4割の人が黒と答えています。
(2009年のオリコン調査)
http://cobs.jp/ninki/column/kinsen/2009/08/26254.html

ピンクやゴールド、ベージュなどのショールと合わせる

ピンクと合わせて華やかにしたり、ゴールドと合わせてリッチにしてみたり。
ベージュだと幅広い年代の人でも合わせやすくなります。

人とかぶらないように、できるだけ鮮やかな色をチョイスしてみる

ピンクやゴールドのショールは、キレイに決まる分、かぶる可能性も無いとも限りません。
カラフルで鮮やかな色に挑戦してみるのも、定番を崩すポイント。

素材にこだわるとひと味ちがう着こなしができる

スパンコールやフェザー、ベルベットなど。

こんな風に見られたい

一気にパーティーの主役になれるのは赤ドレス!

薄いピンクなら優しげで可愛らしい印象、濃いピンクならドキリとさせる小悪魔系にも。

植物を連想させ、癒しカラーの緑は、落ち着きある女性に見せてくれます。

黄色は明るく元気な印象を与えます。

関連リンク

1