1. まとめトップ

【洋楽】oasis後期の名曲まとめ【私が選びました】

oasisといえば1stアルバムや2stアルバムが有名です。しかし今回はoasisの後期2作品から独断と偏見で5曲ずつオススメ曲を選び、まとめました。日本版アルバムの、やや仰々しくもoasis愛に溢れたライナーノーツを曲紹介として引用しています。あわせてお楽しみください。

更新日: 2012年11月28日

43 お気に入り 29349 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KPPさん

バンドの紹介

オアシス ( Oasis )は、イギリスのロックバンド。1991年結成。2009年解散。(ウィキペディア)

まずは「ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース」から5曲セレクト

これぞオアシス・マジック!言葉尽くせぬほどの迫力と、音楽への信念がまっすぐ放出される、その痛快さといったら。(中略)これは記念碑的な重要作だ。

妹沢奈美のライナーノーツより

1.ターン・アップ・ザ・サン

アンディ作曲リアムボーカル。ノエル以外のメンバーが作曲した、初のオープニングナンバー。ライブでも1曲目に演奏され、地元マンチェスターではこの曲を演奏中興奮したファンが前倒しになり、柵が壊れるアクシデントが発生した。

フリー百科事典ウィキペディア

2.インポータンス・オヴ・ビーイング・アイドル

印象的なイントロのビートでガツンとまず効かせ、その後も様々なリズムを巧妙に組み込んでいる。

妹沢奈美のライナーノーツより

ノエルがソロになってからも頻繁にプレイしています。

3.ライラ

1stシングルで唯一のノエル作曲リアムボーカルの曲。後期オアシスの中でもとりわけ知名度、人気が高いアンセムでライブでは必ずといっていいほど演奏される。

フリー百科事典ウィキペディア

沢尻エリカ主演の映画「シュガーアンドスパイス~風味絶佳~」のテーマソングでもあります。

4.ミーニング・オヴ・ソウル

“ミーニング・オヴ・ソウル”の「俺流の生き方」には、リアムの32年間が凝縮されているかのよう。(引用者注:リアム当時32歳。作曲も彼が担当している。)

妹沢奈美のライナーノーツより

5.レット・ゼア・ビー・ラヴ

まるで未来への祈りにも似た歌詞と、絶妙にハーモニーを成す、声とピアノ&ギターを軸にしたシンプルな録音の神々しさと荘厳さは凄まじい。

妹沢奈美のライナーノーツより

次に「ディグ・アウト・ユア・ソウル」から5曲セレクト

「“聴く”音楽よりも“感じる”音楽」を、見事なまでに体現したサイケデリックなグルーヴが、アルバム全編に貫かれている。(中略)聴けば聴くほど手放しで賞賛したくなる、ファッ×ン・グレイトな作品だ。

鈴木宏和のライナーノーツより

2008年に発売された7作目のオリジナルアルバム。

6.ショック・オブ・ザ・ライトニング

1stシングル。ハードロック調の曲。久しぶりの「Rock 'n' Roll Star」タイプの曲とノエルは語る。映画『タイムマシン』のような歌詞も含み、宇宙をひっくり返したような、壮大なスケールを持った楽曲。

フリー百科事典ウィキペディア

7.アイム・アウタ・タイム

泣けてくるほどに優しく美しい、”現代のビートルズ”を地で行く珠玉のバラードだ。

鈴木宏和のライナーノーツより

8.フォーリング・ダウン

1 2