「黒子のバスケ」をめぐっては、12年10月以降、大手コンビニや書店チェーン、報道機関など約400カ所に脅迫文が届き、コンビニから撤去された作品関連商品の菓子から毒物のニコチンが検出されるなどの騒ぎに。13年12月には威力業務妨害の疑いで大阪市東成区、職業不詳渡辺博史容疑者(36)が逮捕された。

出典人気漫画「黒子のバスケ」がジャンプ9月1日号で終了 一昨年から脅迫文の被害も - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「負けました」…「黒子のバスケ」脅迫事件 ようやく容疑者逮捕も連載は終了へ

漫画誌「週刊少年ジャンプ」に人気連載中の「黒子のバスケ」ですが、10月以降、東京都内の高校や大学、ラジオ局、大阪市のテレビ局などに作者を中傷する文書が届くなど中傷や嫌がらせなど被害を受けていましたが、ようやく容疑者を逮捕。しかし動機にはまだ不可解な部分も残っています。

このまとめを見る