「黒子のバスケ」のメインキャラクターの多くは高校1年生。連載当時、ファンの間では1年目の全国大会では主人公チームが負けて「2年目が始まるのでは」と期待を込めた声も上がっていた。藤巻は「続いてほしいと思ってもらえたのなら本望です」と前置きしつつ、「僕は、小説でも漫画でもよくできた長編作品を読んだ後のおもしろかったという満足感と、読み終わってしまったさみしさが混ざった感じが好きだったので、自分の作品でも味わってほしかったんです。むしろその感覚を知ってほしいという思いでした」と語り、2年目を描くことは選択肢としてもなかったという。

出典「黒子のバスケ」作者・藤巻忠俊が語る 人気絶頂で連載終了の訳 - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「負けました」…「黒子のバスケ」脅迫事件 ようやく容疑者逮捕も連載は終了へ

漫画誌「週刊少年ジャンプ」に人気連載中の「黒子のバスケ」ですが、10月以降、東京都内の高校や大学、ラジオ局、大阪市のテレビ局などに作者を中傷する文書が届くなど中傷や嫌がらせなど被害を受けていましたが、ようやく容疑者を逮捕。しかし動機にはまだ不可解な部分も残っています。

このまとめを見る