1. まとめトップ

週末でできる「ぷち断食」の知っておきたいポイント

一週間のうちのお休みを利用してできる、自分「プチ断食」の方法をまとめてみました。疲れを取るとともにカラダの「デトックス」に役立てましょう。

更新日: 2015年06月02日

191 お気に入り 161445 view
お気に入り追加

土日が休みの社会人の方などは、金曜日に準備に入り、土曜日に断食、そして日曜日に復帰というパターンで行えば、毎週実行することも可能です。

知っておきたいこと

・断食をすることで、でてくる症状がある。(頭痛、下痢etc・・・)
・脱水症状になりやすい。(水分補給をこまめに行う必要がある。目安は2リットル)
・断食後の食事がやたらと美味しく感じるため、一気食いしやすい。
・自分でやるなら2~3日以上はやめたほうがよい。
・ダイエットというよりも、デトックス。

まずは準備が大事

・事前に野菜ジュースを購入しておきましょう。今回はペットボトルを2本です。
・水も多めに準備しましょう。
・口が寂しくなりますので、キャンディーやガムもたまにはいいでしょう。
 ただし、多量摂取はひかえましょう。

実際にやってみて・・・

一日目「金曜日」 準備してスタート

金曜日の食事は昼食までにしました。夕食は準備していた野菜ジュースを一杯飲みました。

二日目「土曜日」 一日断食

・朝食
野菜ジュースを一杯。まだそれほど空腹感は感じませんでした。

・昼食
かなりの空腹感でした。野菜ジュースは一気に飲み干してしまうと空腹感は解消されないため、何口かに分けて一杯を飲みました。ここからがキツかったです。

・夜食
空腹感とともに、頭痛が襲ってきました。事前に調べていて知ってはいたのですが、イザそうなってみるとやはりキツかったです。なお、便通が良すぎるくらい良くなりました。

三日目「日曜日」 最終日で復帰へ

・朝食
野菜ジュースだけを少しずつ飲みました。峠を越えたのか、それほど空腹感はありませんでした。朝から頭痛があり、下痢気味の便通でした。

・昼食
野菜ジュースとおかゆをゆっくり食べました。いきなりたくさん食べると胃によくないと思いましたが、すぐ満腹感がありました。

・夜食
ほぼ普通の食事に戻しました。ただ食事はゆっくり。ただ食事の美味しさは幸せを感じるほどありました。量はそれほど食べられませんでした。頭痛もおさまり、下痢にもなりませんでした。

1





skidegorogoroさん

見てくださった方、大変ありがとうございます。日々、記事まとめについて研鑽してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。