1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

dmhjbさん

米国大手ブログサービス「FC2」で、利用者が記事を更新してもグーグルで検索できない事態が2012年11月18日ごろから一部で起きていることが分かった。スパム行為のサイトをグーグルが検索できなくさせる「グーグル八分」ではないか、といった説も出ている。

JCAST

C2ブログの利用者から、こんな悲鳴が2012年11月18日ごろから上がるようになった。ツイッターなどでも報告されるようになり、NAVERまとめでも28日に「今、FC2ブログがヤバイらしい・・・」との記事になって騒ぎが広がった。

NAVER

グーグルでは、検索上位に故意に誘導するスパム行為などを事実上検閲しており、2006年3月には、ある大手IT企業が「グーグル八分」にされたと話題になった。今回は、FC2のサービスが何らかの理由で対象になったのではないかというわけだ。

11月28日午前3時現在、FC2ブログの記事は正常にインデックスされていることが確認できた。FC2ブログは全体で見れば、低品質なコンテンツが少なからず存在するのは事実であり、また今回Googleの障害を報告しているユーザーの運営ブログを覗いてみると検索エンジンが決して好まなそうなコンテンツであることもあり、一部のユーザーはパンダアップデートやペンギンアップデートの影響を指摘している。

ASC

「グーグルは、推奨しない形でSEOを用いれば、ブログサービスでマイナス評価もすると以前から明確にアナウンスしています。今回については、グーグルの意思については分かりませんが、ありえないことではないと思います」

1